So-net無料ブログ作成

重症の花粉症がなめこで改善

みるみる症状が和らいでいった

これからの季節、花粉が多く飛散します。本格的な花粉症(アレルギー性鼻炎) の季節となりますが、私はこの時期が大嫌いでした。昔から、花粉症に悩まされ、とにかくつらい思いをしてきたのです。

私の場合は、春のスギ花粉だけでなく、秋にもブタクサの花粉に反応してしまうので、花粉症で苦しむ時期が、年に2回もあるのです。それだけに、症状は重く、大変でした。

花粉が舞っている間は、くしゃみやセキはもちろんですが、私の場合は、涙と頭痛がひどかったのです。特に頭痛は深刻で、夜、全く眠れないほどでした。

涙のほうも、これはこれで、また大変です。眠っている間にも、花粉に反応し、大量の涙を流してしまうのです。

朝、起きたときには、目の周囲は目やにでガチガチ。目が開けられないほぞの悲惨な状態でした。もちろん、病院にも行きました。

近くの耳鼻咽喉科に通っては、薬をもらって飲んでいましたが、強い薬だ、というわりには、あまり顕著な効果が得られず、正直いって私自身も、なかばあきらめかけていたのです。

そんな私に、転機が訪れたのは、今から8年ほど前のことです。現在の会社に勤め出したのがきっかけでした。〕私の会社は、ナメコを栽培して販売する会社なのですが、当然ナメコを食べる機会がふえるようになったのです。すると、入社2年目の花粉のシーズンあたりから、目に見えて症状がやわらいできたのです。

劇的に、というほどのものではありませんが、しかし、確実に、花粉症を克服していったのです。今では、耳鼻咽喉科に行って、あの強い薬をもらうまでもありません。症状がひどいときだけ、薬局で売っている大衆薬で、しのげる程度まで改善されました。これは、ナメコによる効果なのではないでしょうか。

サラダ感覚食べてもおいしい


ナメコを取る量は、50~100gくらいです。おみそ汁に入れることがいちばん多かったと思います。それ以外にも、煮物に入れたり、サッとゆでて、お酢やドレッシングをかけて食べたりもしました。タマネギやキャベツと和えると、サラダ感覚でヘルシーな料理に早変わりするのです。

これは、特に女性にはお勧めの料理法ですね。私は、ナメコの栽培会社に勤めているという特権で、新鮮な壮ナメコが手に入るので、その点では幸せです。

特に、新鮮なナメコの煮物は、ほんとうにおいしいのです。それから、ナメコの中には、大きくカサが広がってしまったものもあり、これは商品として出荷できないのです。でも、実は、これが歯ごたえがあっておいしいのです。

今でも、このタイプのナメコがあると分けてもらい、コンロなどで軽く焼いて食べています。もちろん、私だけでなく、家族や親類もナメコは大好きです。

叔父は、医師から血糖値(血液中の糖分量を示す値)が高いですね、と指摘されていたのですが、ナメコを食べるようになつてからは数値が下がり、医師に「あれ? 下がったねえ」と驚かれていました。今では、正常値ですっかり安定しています。

も、花粉症だけでなく、ナメコのおかげで便秘知らずになり、健康的な生活を送っています。ナメコは、料理に使いやすくて、それでいて価格も安い、お勧めの食品です。ぜひ試していただきたいですね。

体質改善し花粉症も改善


ナメコに含まれる成分が、花粉症に効果を示したり、あるいは、血糖値を降下させる作用がある、ということについては、まだはっきりとはわかっていません。しかしナメコを50~100gと多く食べることにより、便秘を解消し、体調を改善する効果は期待できます。おそらく、そうした結果として、体の抵抗力を高め、花粉症にも効果を示したのかもしれません。

その他のなめこの効果についてはこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0