So-net無料ブログ作成

老眼、近視、飛蚊症、ドライアイに有効 アルミ湿布で目がすっきり若返る [アルミ湿布]

ひざの内側にある目の特効ツポを刺激!

現代人の多くは、スマートフォンやパソコンなどで、毎日、目を酷使しています。

そのせいか、近視や老眼、疲れ目、飛蚊症、ドライアイといった目の症状に悩んでいる人がとてもふえています。このような日の不調に有効なのが、ひざの横にある曲泉というツボです。

曲泉にアルミまホイルを触ることによって、目がスッキリし若返ります。ひざを軽く曲げると、ひざの後ろに横ジワができます。曲泉は、この横ジワの内側の端の、少しくぽんだところにあります。

曲泉は、肝経という疑らく路上にあるツボです。経絡ときは、東洋医学でいう気(生命エネルギーの通り道のこと) で、肝経は、肝の働きに対応しています。

東洋医学では、肝、心、脾、肺、腎を5臓と呼びます。しかし、単純に肝=肝臓、心=心臓というふうに考えてはいけません。

5臓は、単にその臓器を指しているだけではないのです。臓器に問係する機能全般と、その臓器と関係の深い精神状態までも包括した、幅広い考え方といえます。

この五臓の考え方に従えば、目の状態というのは、肝の働きと非常に関連が深いとされています。目に不調が生じているときには、同時に肝も弱っているのです。

そこで、近視や老眼、飛蚊症、ドライアイといった目の不調には、肝経上にあるツボを刺激することによって、肝の働きを高めることが重要です。

できれば、両足の曲泉にアルミホイルを粘ってください。もし両方に粘るのがめんどうであれば、男性なら左足に、女性なら右足に粘るようにしましょう。
活泉水でもっと元気に!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0