So-net無料ブログ作成
検索選択
アサイベリー ブログトップ

アサイーベリーで白内障特有の目のかすみ、まぶしさが消えた [アサイベリー]

視界のもやがとれて鮮明に

今から2年半ぐらい前に白内障と告知されました。そのl年後には、目のかすみが深刻化し、「もはやここまでが限界」と診断を下され、手術を受けることが決まりました。

確かに、日常生活も不便でしかたがありません。目の前に白いモヤがかかったような状態になって、視界がぼやけて見えるのです。

大好きなドラマを見ていても、字幕が二重にぼやけて読みにくく、落ち着いてテレビを見ることすらできないほどでした。
外出すれば、日ざしがとてもまぶしくてサングラスが必需品。夜は夜で、車のライトや街灯が目に飛び込んでくるのがまぶしくて、つらいのです。

ところが、白内障の手術の日程を決めた直後、目のかすみで足もとがおぼつかない私は、公園で転倒し、左手首を骨折。白内障の手術は骨折が治るまで延期となってしまいました。

振り返ってみると、この骨折こそが、私にとっては幸運への一大転機だったのです。1ヶ月後、骨折治療のために通っていた整骨院の待合室で、偶然手に取った雑誌で「アサイベリー」の存在を知りました。「白内障の視界が晴れた」という紹介内容に、私の目はまさに釘づけとなり、アサイベリーを急いで取り寄せたのです。
アサイーベリーが届いた日から、朝昼晩と欠かさず飲み続け、効果を実感したのは約2ヶ月後でした。

目の前の白いモヤが消えて、クリアな視界が戻ってきたのです。しかも、目ヤニが出ることもなくなり、疲れ目も解消しました。それだけではありません。新開も裸眼で読めるようになり、老眼鏡はよほど細かい文字のときに使う程度。

目のまぶしさも和らいだので、サングラスは念のために携帯するだけです。テレビの字幕もぽやけず、ハッキリと見えるようになったので、以前のように、韓流ドラマを楽しめるようになりました。

最大の朗報は、白内障の手術を回避できたこと。驚いたことに、眼科の検査では、両目とも0.6だった視力が、右目0.7、左目0.8 に上がっていて、手術が中止になったのです。アサイベリーの実力はもはや疑いの余地なしで、幸運な巡り合わせに感謝するばかりです。

その他のアサイーベリー実際に使ってみた感想はこちら。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アサイーベリーで道路標識がハッキリ見えるようになった [アサイベリー]

もともと近視に乱視でしたが、年を取ってからはそれに老眼も加わり、老眼の進行に合わせて眼鏡を2度、3度買い替えました。
3年ほど前、車の運転中に道路標識が見えづらくなったので、眼鏡店に行ったところ、眼鏡は合っているとのこと。不思議に思って眼科を受診すると、両目が白内障だというではありませんか。まだ手術の段階ではないということで、目薬を処方されたのですが、読書を30分も続けると目がひどく疲れてショボショボしてきます。肩までこつて難儀していました。
手術のレベルまで白内障が進むのを待つしかないか、と観念しかけていた昨年9月、アサイーベリーの評判を知ったのです。そして2カ月後には、アサイーベリーの効果を実感することができました。車の運転中に、標識の文字がバッと目に飛び込んできたのです。文庫本もらくに読めます。
12月には、車の免許証の更新があったのですが、これも眼鏡不要で楽々パスできました。アサイーベリーに巡り合っていなければ、更新は不可能だったでしょう。
注目のアサイーベリーのその他の実際に使った感想はこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

白内障の前兆のまぶしさも目の痛み、涙目も解消 [アサイベリー]

子供のころから視力はいいほうで、六十歳を過ぎても1.0と、目の悩みとは無縁の私でしたが、1年ほど前から目の調子が悪くなってきました。新聞や本を読むと、目がすぐに疲れて、視界がぼやけて涙が出てくるし、目の奥が痛くなってくるのです。また、外出すると日光をひどくまぶしく感じるようになり、これは白内障(目のレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)が進むときに現れる症状と聞いてからは、眼科に行こうかと思い悩んでいました。
昨年の7月、たまたま聴いていたラジオで、アサイーベリーのことを知り、すぐに飲み始めたところ、1~2週間で目のぼやけ、眼病、涙目など一連の不快症状がすっきりと消えたのです。
しかも、老眼鏡を使わず、楽々と新聞の文字を追うことができるようになりました。目の調子がよくなったと同時に、体も疲れにくくなりました。家事や4人の孫のお守りで、夕方になるとガクッとしんどくなっていたのですが、アサイーベリーを飲むと疲れが和らいで、体がぐんと楽になり、1日じゅう元気でいられます。

注目のアサイーベリーのその他の感想はこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

水晶体や網膜までも若返らせる [アサイベリー]

欧米で大流行

目にいい食品といえば、ブルーベリーがその地位を確立していますが、最近、アメリカの有名人やアスリートたちの間で大流行しているのが、アサイーベリーです。「ブラジルの不思議なフルーツ」とも呼ばれるアサイーベリーは、ヤシ科の植物で、ブラジルの熱帯雨林で収穫されます。
また、小さな丸い果実は濃い紫色をしており、ペリー系の果実とチョコレートをブレンドしたような昧がします。

熱帯雨林の過酷な環境で育ったアサイーベリーは、紫外線や活性酸素(老化の原因物質) と闘い、生き残るために、自ら抗酸化物質や栄養素をたっぷりと蓄えて育ちます。

最近の研究で、このアサイーベリーには肌を健やかにしたり、老化を防いだりする効果のほか、血糖値・血圧が高い人にいいということがわかってきました。
さらに今、最も注目されているのが、アントシアニン(植物に含まれる色素の一種) の含有量です。アントシアニンといえば、視力回復に欠かせない有効成分です。

注目のアサイーベリー実際に使ってみた感想はこちら。

ブルーベリーが目にいいといわれるのも、アントシアニンが豊富だからです。アメリカで行われたより詳しい食品別の比較では、アサイーベリー100g中に含まれるアントシアニンの量は414mgで、ブルーベリーは89mgでした。アサイーベリーのほうが約4.6倍もアントシアニンが多く含まれていたのです。また、赤ブドウと比較したときには、アサイーベリーのほうが10倍、また、赤ワインでは30倍も多くアントシアニンを含んでいました。

このデータの判明以降、アサイーベリーは世界的に注目されるようになったのです。同時に、視力向上や目の不調の軽快を目的に摂取する人が一気に増加しました。

視力向上に期待

アントシアニンが視力向上に役立つのは、3つの理由があるからです。

1つは、水晶体(カメラのレンズに相当する器官) やも,つまく網膜( 目の奥のスクリーンの役割をする膜) をサビつかせて老化を進める、活性酸素の消去です。

アメリカ農務省も食品分析基準として使用している、抗酸化作用の高さを示すORC (活性酸素吸収能力) においても、アサイーベリーはブルーベリーよりも上位に挙げられています。

これは、豊富なアントシアニンが、体内で確かに有用に働くあかし証といえるでしょう。

2つめの理由は、血行の促進です。毛細血管を流れる血液中で発生する活性酸素を消去して、目全体の血流をサラサラに維持します。その結果、新陳代謝が活性化します。

3つめは、ロドプシンの再合成の促進です。ロドプシンは網膜にある色素体で、光を浴びると分解・再合成をくり返します。この刺激が脳に伝わり、私たちはものを見ることができるのです。つまり、ロドプシンの再合成が活発に行われると、視力が良好に保たれるのです。

このように、アントシアニンは、目の健康を維持するために大変役立つ成分といえます。アントシア: ンには、いくつかの種類がありますが、アサイーベリーはその中でも、デルフィニジンとシアニジンの含有量がずば抜けています。

特に分子量の小さいシアニジンは、目の毛細血管、水晶体、網膜との相性がよく、吸収されやすいことから、かすみ、ぼやけ、眼精疲労などの改善に、.素早い働きを期待できます。
事実、アサイーベリーの摂取後、アントシアニンの血中濃度は、わずか20~30分で高まることが指摘されています。
こういった即効性から、アサイーベリーは、長時間のパソコンや車の運転をするかたに多く愛飲されているのです。
また、加齢による視力の衰えの改善策にも、アサイーベリーを活用することは大いに有望と考えられるでしょう。

具体的には、老眼の進行に歯止めをかけたり、水晶体の濁りを防ぐことで、白内障の発症をおさえるなどのメリットが挙げられます。
さらにアサイーベリーは、強い抗酸化作用を示すポリフェノールや、筋肉の働きを助ける必須アミノ酸のほか、鉄などの微量ミネラルも含んでいます。加えて、単価不飽和脂肪酸や繊維が、体内の心肺機能と消化機能の働きを助けます。
また、カルシウムは、「アマゾンのミルク」といわれるほど豊富です。ビタミンB 群、ビタミンC 、ビタミンEなどのビタミン類も充実しかんペきており、天然の完壁なエネルギーフルーツといえるでしょう。

実際、アメリカやブラジルのスポーツ界では、エネルギー補給や疲労回復を目的に頻繁に食されています。自然食品の研究が盛んなアメリカでは、アサイーベリーの基礎実験の結果から、すでにその評価は定着しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
アサイベリー ブログトップ