So-net無料ブログ作成
検索選択
豆腐トウガラシ ブログトップ

1ヶ月で抜け毛が減り中性脂肪値も減少 [豆腐トウガラシ]

私は、20才くらいから抜け毛が気になるようになりました。学生時代は坊主頭だったので、気づかなかったのですが、社会人になっていざ伸ばしてみると、頭頂部が薄くなっていることがわかりました以

来、抜け毛が心配で育毛剤などを試しましたが、大きな効果はありませんでした。「もうあきらめるしかないのかな」と思っていたやさき、「豆腐トウガラシ」がインターネットで話題になっているのを知り、サプリメントを取り寄せてみることにしました。2年ほど前のことです。

サプリメントは、大豆由来のイソフラボンとトウガラシ由来のカブサイシンの2種類を食後に飲みます。飲んで30分くらいすると、トウガラシの刺激で胃が少しやけるような感覚がありました。効果は約3ヶ月後にあらわれました。シャンプーで洗う際、手にっいていた抜け毛や枕に落ちる毛が半分以下に減ったのです。

抜け毛の恐怖に日々、おびえていたのでうれしい限りの結果です。さらに、予想外の効果もありました。以前は、中性脂肪の数値が240mg/dlあったのが、「豆腐トウガラシ」をとり始めて1年ほどで、正常値内の数値まで下がったのです。

運動などはとくにしていません。おそらくトウガラシの脂肪燃焼効果なのではないでしょうか。そのうえ、仕事がら重い荷物を運ぶことが多く、膝問節の痛みが気になつていたのですが、前ほどつらくなくなりました。血行がよくなったせいかもしれませんね。おまけに便秘ぎみだつたのが、いっの間にか毎日スムーズに出るようになったんです。豆腐トウガラシが髪だけでなく、生活習慣病にもいいというのを実感してからは、毎日の食事でもイソフラボンやカブサイシンをとるように心がけています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

どれも効かなかった薄毛が2ヶ月で改善肌のはりがよみがえった [豆腐トウガラシ]

「豆腐トウガラシ」は、2ヶ月ほど前から友人の子供さんのすすめでとるようになりました。5~6年前から薄毛に悩まされていたからです。母も髪が薄かったので遺伝だと思いますが、私の場合、頭頂部の左側がとくに薄くなってしまいました。

ちょうど環境の変化もありましたから、ストレスなども影響しているかもしれません。薄毛が気になるようになってからは、シャンプーを変えてみたり、パーマ屋さんで頭皮のマッサージやエステをやってみたりといろいろなことを試しました。

有名メーカーのかつらをつけてみたこともあります。でも、どれも髪自体がふえるわけではありませんでした。そんなとき、すすめられたのが「豆腐トウガラシ」のサプリメントだったんです。大豆に含まれるイソフラボンが髪にいいというのは聞いたことがありましたが、トウガラシは開いたことがなかったので、意外な感じでした。実際、食後すぐにとってみると、しばらくしてトウガラシの刺激で胃がキリキリする感覚がありました。さらに、体がポカポカとあたたまってきました。私は冷え症ではありませんが、トウガラシが冷えにいいのは、ほんとうなんだなあと思いました。

問題の髪のほうはというと、2ヶ月たった現在、小さなうぶ毛が生えてきました。長さは2 cmくらいです。まだフサフサというわけにはいきませんが、このうぶ毛がもっとふえて順調に育ってくれればいいなと期待しています。

それから、抜け毛も減ったように思います。とくに髪を洗った際に抜け落ちる毛が少なくなりました。このまま抜け毛が減って髪がふえれば、薄毛の部分もわからなくなるかもしれません。

「豆腐トウガラシ」の効果は髪だけではありませんでした。自分では気がつかなかったのですが、肌に張りが出てきたようなのです。以前、撮った写真と現在をくらべてみると、口角がだらっと下がりぎみだったのが、キュツと上がってきているのです。

「豆腐トウガラシ」の効果ってすごいですね。最近は、イソフラボンとカブサイシンをできるだけ多くとろうと、豆腐のみそ汁やサラダなどにトウガラシを入れて頻繁に食べるよ、りにしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

豆腐とうがらしで1ヶ月で髪の毛が太くなり3ヶ月後にはうぶ毛が生えてきた [豆腐トウガラシ]

髪の抜け毛が気になりだしたのは、24~25才のときでした。原因は遺伝だと思いますが、ひたいが後退するかのように前髪から抜けて、あっという問に前頭部、頭頂部の地肌が見えるまでになってしまいました。

1年ぶりに会った人にも驚かれるほどの変化でした。抜け始めた当初は、周りの日が気になつてしかたがありませんでした。同じ世代の男性はまだフサフサの人がほとんどです。なんとか髪をよみがえらせようと、高い育毛剤を買ったり、シャンプーを変えたりしました。でも、期待したような効果は得られませんでした。それどころか、市販の育毛剤を使って不整脈が起きてしまったんです。

強い薬には副作用もあるということなのでしょう。これは本当にこわい体験でしたね。その後もあれこれ試しはしましたが、30代の中ごろからは、ほとんどあきらめ気分で、なにもしなくなってしまいました。

ところが、40代を前に転機が訪れました。知り合いの紹介で、髪のモニターをやることになり、イソフラボンとカプサイシンをとることになったのです。最初は髪のモニターだと開いたので、なにか頭に塗るのかと思っていました。それが食べ物のモニターだと開いて、「ほんとうに効くのかなあ」と半信半疑でした。
正直、効果は期待していなかったのですが、結果は想像以上でした。毎日、朝と晩の食後にイソフラボンとカブサイシンを決められた分量でとりました。

初めの1週間は、胃がギユーと痛んだり、汗が出たりすることがありました。これは、トウガラシの刺激で起こるものだそ、りで、しだいに起きなくなりました。髪の変化は1ヶ月後でした。まず、側頭部に残っていた弱々しいねこ毛が太い剛毛になってきました。
髪に張りとコシが出てきたので、朝起きたときに寝ぐせがつくほどでした。3ヶ月後、今度は抜け毛が減ってきたように感じました。1ヶ月日以降、あまり髪がふえないし、効果が頭打ちなのかなと思っていたのですが、そのころはちょうど秋で髪の生え変わりの季節でした。

そのため、あまり効果がないように感じてしまったみたいです。よくよく考えると例年、この時期は髪がどんどん抜けていきます。シャンプーで髪を洗ったとき、抜けた髪で洗面器の水面が一面、真っ黒になってしまい、ギョツとすることもありました。また、朝起きて枕に髪の毛がたくさん落ちていることもしばしば。

ところが、その年は、そうした抜け毛が目に見えて少なくなっていたんです。さらに、秋を過ぎると地肌だけになつていた場所にうぶ毛まで生えてくるようになったのです。食べ物でここまで髪が生えてくるなんてほんとうに驚きです。

「いままで高いお金を出して試してきた育毛剤はなんだったんだろう」とつくづく思いました。そして、さらにビックリしたのが、この効果はふつうに食べ物でとってもあらわれるとのことでした。

イソフラボンは豆腐などの大豆製品、カブサイシンは一味トウガラシをとればいいのだそうです。それを聞いて現在は、豆腐のみそ汁に一味トウガラシをかけたり、納豆を意識的にとったりしています。一味トウガラシは、いつも食卓に置いておいて、いろいろな料理にかけて食べています。そのおかげか、モニター後も髪が減ることなく、維持できています。トウガラシをとるようになったせいか、食欲が増して汗もよく出るようになりました。食べても太りませんし、新陳代謝がよくなったのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

イソフラボンとカプサイシンが若返り成分を増やし、薄毛・抜け毛を防ぐ [豆腐トウガラシ]

豆腐トウガラシは、最近、話題の育毛食となりつつあります。ところが、この「豆腐トウガラシ」の効果は、髪だけにはとどまらないのです。

女性にとって夢の若返り、アンチエイジング効果が期待できることがわかりました。そこで、「豆腐トウガラシ」の新たな健康効果について紹介したいと思います。

加齢によりだれでも髪が減ったり、肌にシワやたるみができたりするもの。ひと言でいえば老化ということになりますが、これは体内でつくられる「インスリン様成長因子(IGF)-1」という物質が年齢とともに減ることで起こります。

(IGF)-1は、細胞の分化や増殖に欠かせない物質で、成長ホルモンと同じような細胞の若返り作用を持っています。体内でたくさんつくられると毛母細胞が活性化されて髪が生えたり、発汗力が高まって引き締まった美肌に生まれ変わります。せっまり、若返りの成分というわけです。このほかにも、(IGF)-1には抗うつ作用や糖尿痛の予防、血圧正常化、生殖腰刀の向上、食欲抑制作用、創傷治癒促進作用など、多様な働きがあります。

では、この(IGF)-1をふやすにはどうしたらよいのでしょう。(IGF)-1は、体じゅうに張りめぐらされた知覚神経(痛みや熱を感じる神経) を刺激することが確認されています。知覚神経が刺激を受けると、神経の末端からカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP) という物質が放出され、これにより(IGF)-1がふえるのです。

じっは、ここで役立つのが「豆腐トウガラシ」なのです。豆腐に含まれるイソフラボンには、CGRPをふやす働きがあり、トウガラシに含まれるカブサイシンには、知曇を刺激してCGRPを放出させる働きがあります。

育毛効果は、イソフラボンやカプサイシンを抽出したサプリメントで得られたものですが、豆腐とトウガラシをそのまま食ベるだけでも十分期待できます。

実験では、1日あたり「豆腐トウガラシ」、豆腐1丁トウガラシ大さじ2杯分です。豆腐とトウガラシは好きなように食べていただいてかまいませんが、私がおすすめしているのが、みそ汁としてとる方法です。

豆腐が入ったみそ汁に一味トウガラシを大さじ1かけて、朝と晩に1虻ずつ飲みます。実際、「豆腐トウガラシのみそ汁」をよく飲んでいますが抜け毛が少なくて髪もフサフサです。若返りと健康維持のためにぜひ「豆腐トウガラシ」がおすすめです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
豆腐トウガラシ ブログトップ