So-net無料ブログ作成
検索選択
美肌乳酸菌ジェル ブログトップ

美肌乳精油ジェルは脱ステロイドを短期間で実現する(ボディーソープ・整皮ジェル・保湿クリームの3点セット) [美肌乳酸菌ジェル]

美肌精油ジェルセットの内容は「コンビトリム ボディーソゥプ」「コンビトリム 整皮ジェル」「ベストトリム 保湿クリーム」の3点セットになります。林隆博先生(医師)が開発されたもので、その点で安心感があります。

美肌精油ジェルの使い方

  1. ボディーソープを使って皮脂膜を落としすぎずに洗う。ボディーソープを手やガーゼに出して軽く泡立てた後、優しく丁寧に洗う。ヤシの実からとれたアミノ酸の効果で皮脂膜を過剰に落とさずに洗浄できる。
  2. 整皮ジェルを塗って水分補給と抗菌を行う入浴後や洗顔後、患部に薄く塗る。ステロイド外用薬をはじめとする治療薬と併用するときは整皮ジェルが乾いた後に上から塗る。ダニに対する抗菌作用が認められているヒノキチオールを配合。カビの増殖を防ぐティーツリーの精油も配合。
  3. 保湿クリームを塗って皮膚のバリア機能を保護する整皮ジェルや治療薬が乾いた後に上から塗る。クリームの膜がダニや細菌の侵入を防ぎながら補給した水分の蒸発も防ぐ。アトピーや敏感肌を悪化させる紫外線(UVB)を95%遮断。肌の老化対策にも。

コンビトリム ボディーソゥプ


コンビトリム 整皮ジェル

ベストトリム 保湿クリーム


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

金属アレルギーで顔がサメ肌状になったが美肌精油ジェルで弾力やキメ「も回復 [美肌乳酸菌ジェル]

美顔口ローラーを使用したら湿疹が出て驚く

「あきらめかけていた敏感肌が美肌精油ジェルで改善し、ほんとうに助かっています。
私が肌に異変を感じたのは、3~4年前のことで「母の日」に娘から、顔面をコロコロ転がすことで美肌になるという美顔ローラーをプレゼントされ、流行している商品と聞いて試してみたところ、数日後に顔に湿疹が現れてびっくりしました。美肌どころか、肌がサメ肌のようにざらついてしまったそうです。

皮膚科では金属アレルギーによる炎症と診断され、炎症を抑える薬を処方されました。「とこ ろが、どんなに薬をていねいに塗っても症状の改善は見られませんでした。
薬を塗るとベタベタして化粧ができなくなるのも困りました。

市販の保湿クリームを試しても、効果は感じられませんでした。感謝の気持ちをこめて母親に美顔ローラーを贈った娘も、すっかり落ち込んでしまいました。

入浴時にボディソープ(肌のを落としすぎずに洗浄)身を洗い、入浴後に整ル(肌への水分補給と抗抗炎症作用) を、十分に行った15分後に保湿クリームを塗りました。
最初は、整皮クリームを塗るとしみましたが次第によくなりました。その頃には、サメ肌がずいぶんよくなりました。ざらざらの肌のキメがよくなりサメ肌が改善したのです。


アトピーのかゆみ、乾燥、肌荒れ美肌製油ジェルで完治 [美肌乳酸菌ジェル]

息子が生後8ヶ月のとき、湿疹が現れたのです。皮膚科に行くとアトピーと診断され、ステロイド外用薬を処方されました。
薬を塗るとすぐに湿疹が治まるので、使用を続けていましたが、息子の肌はしだいに乾燥しはじめました。息子を連れていくつもの皮膚科を回ったものの、処方される薬はいつも同じでした。

保湿剤を体全体に塗り、赤く盛り上がった湿疹部分にステロイド外用薬を塗る治療をくり返していました。医師から『思春期になれば治ります』といわれていたことを、心のよりどころにしていました。しかし、期待とはうらはらに、

息子は、中学生になると症状が悪化。アトピーに効くと聞いた温泉や漢方治療など、あらゆることを試しても、改善は見られませんでした。

息子は、検査でシラカバ花粉のアレルギーがあることがわかっていました。毎年、シラカバの花粉が飛ぶ春になるとアトピーが悪化していましたが、急変したの高校1年のとき。学園祭で衣装係を任されていた息子は、急に全身をかきむしり、血がにじむようになったのです。準備の忙しさに加え、糸くずやほこりを吸ったことが原因だったのでしょう。

その頃に美肌精油ジェルを知りました。乳幼児だけでなく、青少年のアトピーの改善例も多いことを知り、半信半疑ながらも購入しました。息子は、毎晩の入浴時にボディソープ( 肌の油分を落としすぎずに洗浄)で体を洗い、入浴後に整皮ジェル(肌への水分補給と抗菌・抗炎症作用)を、十分に乾いた15分後に保湿クリーム(皮膚のバリア機能を保護) を、それぞれ薄く塗りました。

翌日にかゆみが治まり1ヶ月月後に湿疹が労え花粉の季節も悪化なし


美肌精油ジェルの効果には驚かされました。これまで何を塗ってもかゆがっていた息子が、使用翌日に『美肌精油ジェルを使うとかゆみがなくなるよ』といってくれたのです。使用から1ヶ月後には肌の赤みが消え、肌がしっとりしてきました。

乳酸菌の成分が息子の体に合っていたと思うのでできるだけ乳酸菌をたくさん摂取する生活を「腸プラス」として意識しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

美肌精油ジェルは幼児に効果絶大で9割が症状が驚くほどよくなる [美肌乳酸菌ジェル]

アトピー患者の肌は皮脂膜が薄い

美肌乳酸菌が「体の中から」アトピーを予防するのに対し、「体の外から」アトピーを改善するのが、美肌精油ジェルによるスキンケアです。

美肌精油ジェルはアトピーのスキンケアに欠かせない以下の3点を、同時に行うことができます(単品での使用も可能)。
  • 洗浄 皮脂膜を落としすぎずに洗浄すること
  • 水分補給と抗菌洗浄後の肌に水分補給をしながら同時に抗菌をすること
  • 保湿表皮の上に保湿クリームのバリアを張って、補給した水分を守ること


美肌精油ジェルを使ったところ、アトピーの子供さんは約89% に改善が見られました。なぜ、美肌精油ジェルを使うことでアトピーが改善するのでしょうか?

肌の表面には、皮脂膜と呼ばれる薄い油の膜があります。皮脂膜はいわば肌を守るバリアです。皮膚内にある水分の蒸発を防ぐほか、ダニや細菌といったアレルゲン( アレルギーを引き起こす物質) の侵入を防いでいます。ところがアトピーの症状がある場合、皮脂膜がとても薄くなっています。皮脂膜が薄いと皮膚内の水分が蒸発し、角質層の細胞間にすきまができます。この状態を「皮膚のバリア機能の崩壊」といいますその結果、ダニや細菌、花粉が簡単に皮膚の細胞内に侵入し、かゆみや炎症を引き起こすのです。美肌精油ジェルは、ボディソープでダニや細菌、花粉を洗浄した後、水分が失われた肌に整皮ジェルで水分補給をしながら同時に抗菌をします。

最後に塗る保湿クリームは、クリームの膜が皮脂膜の代わりとなってダニや細菌の侵入から肌を守り、
皮膚のバリア機能を回復させます。

美肌精油ジェルは中高年の乾燥肌にも

美肌精油ジェルは、アトピーの子供だけでなく、中高年の敏感肌・乾燥肌にも有効であることがわかっています。
多くの中高年を悩ませる敏感肌や乾燥肌の原因は、加齢に伴って加速する肌のうるおい(水分+油分) 不足です。アトピーの肌と同じように中高年の肌は皮脂の分泌カが低下し、皮脂膜が薄くなっています。

皮膚を守るバリアである皮脂膜が薄くなると、アトピーの肌同様、皮膚内の水分が蒸発して肌は乾燥します。加齢によってコラーゲンやセラミドといった肌のうるおいを保つ働きをする成分が減少していくことも、肌の乾燥を加速させます。肌の水分が失われ、皮膚のバリア機能が衰えた中高年の肌は、アトピーの肌と同じ状態といえるのです。

中高年のスキンケアは、アトピーの肌と同じように行います。美肌精油ジェルで肌に水分を補給し、保湿クリームの膜でバリアを張ることで、乾燥肌に悩む83% の高齢者に改善が見られました。

なかには、使用した翌日や数日後のうちに改善が見られた例も多数あるはどです。初夏は、皮膚のバリア機能が低下した中高年の肌が紫外線によって痛めつけられやすい季節です。
紫外線はその波長の長さから、UVA とUVBに分けられます。このうち、シミやシワ、たるみなど、肌の老化と大きくかかわっているのがUVA です。
波長が長いUVA は窓ガラスを透過し、部屋の中にいても浴びてしまうため、生活紫外線とーも呼ばれています。

UVA は波長が長いぶん、皮膚の深層にある真皮まで届き、シミやシワ、たるみなど、肌の老化の原因になます。
一方のUVB はレジャー紫外線とも呼ばれ、表皮を刺激して日焼けを招きます。皮膚ガンとの関連が指摘されているのもUVB です。
美肌精油ジェルの保湿クリームは、UVAを81% 、UVBは93% もカットします。夏は整皮ジェルが汗で落ちやすいため、ボディソープで洗浄した後、保湿クリームとともに: まめ′に塗るといいでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

治りかけたアトピーが上京後に再発し [美肌乳酸菌ジェル]

上京後、20年来のアトピーが再発

は、私は、生後3ヶ月後から湿疹が現れました。「最初はひじの内側とひざの裏だけに見られた湿疹が、首まわりやおなかなど全身に少しずつ広がっていきました。

皮膚科を受診したところ、アトピーと診断され、ステロイド外用薬を使いはじめることに。ステロイド外用薬は医師の指導を守れば安全とはいえ、しだいに強いステロイド外用薬を処方されるようになったことから、使いつづけることに抵抗感を覚えるようになりました

親が小学校入学と同時に、ステロイド外用薬の使用中止を決意してくれました。かわりに漢方薬や市販の保湿クリームなどを使いはじまました。

アトピーは食生活の乱れによる腸内環境の悪化も原因になると本で学んでいたので、薬の使用中止と同時に野菜ジュースを毎朝、飲みました。ほかにもサラダや煮物で野菜をたくさんとらせましたが、アトピーは治まりませんでした。

私は、中学校、高校では陸上部に所属し、中距離選手として活躍。将来はスポーツトレーナーになることをめざしていました。高校卒業後は都内の専門学校に進学し、寮生活を始めました。

生活や人間関係がガラリと変わったせいでしょうか。アトピーは上京後、さらにひどくなりました。2年前の夏に帰したとき、顔や首が湿疹で真っ赤になっているのを母が見て、相当心配しました。

美肌乳酸菌ジェルのことを知ったのはこの頃でした。私は朝・晩の食後に美肌乳酸菌を1包ずつ飲み、夜の入浴時には美肌精油ジェルのボディソープ(肌の油分を落としすぎずに洗浄) で体を洗い、入浴後に整皮ジェル(肌への水分補給と抗菌・抗炎症作用) を、十分に乾いた15分後に保湿クリームを、毎晩きちんと塗ったそうです。

使いはじめて1週間後、かゆみがだいぶ治まりました。その後、美肌乳酸菌と美肌精油ジェルとの併用で、アトピーは改善されていきました。

使いはじめて4ヶ月後。成人式に出席するため帰省した際、私の湿疹がほとんど治まっていて母は驚いていました。
アトピーの改善は、これからの就職活動にも影響を与えると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

1歳で出たアトピーも美肌ジェルでつるつるに [美肌乳酸菌ジェル]

かゆみで夜中に目が覚め毎晩泣きじやくり母親も睡眠不足に

美肌乳酸菌のおかげで娘のアトピーが改善し、親子でぐっすり眠れるようになりました。

娘がアトピーで苦しみだしたのは、1歳半を過ぎたころでした。「入浴後に体をふいているとき、ひじの内側とひざの裏に赤い湿疹ができていることに気づきました。

親である私と旦那はアレルギー体質ではないため、ただのかぶれだと思いました。ところが1週間後にはかゆみのあまり、娘は、患部をかきむしるようになりました。1ヶ月後には、患部から惨出液(血管外に出る血液成分) が出るほど悪化したのです。
小児科を受診しすると、アトピーと診断され、軽めのステロイド外用薬が処方されました。「薬を塗ることには抵抗がありましたが、正しい使い方をすれば安全と医師からいわれ、朝と入浴後、患部に塗るようにしました。

薬を処方されて安心したのもつかの間。1週間ほど塗っても効果が実感できなかったのでステロイド薬の使用をやめてしまいました。
どこかで副作用の心配がついてまわっていのだと思います。

娘は、ひじの内側とひざの裏のほか、首のまわりにも湿疹ができ、就寝時や昼寝の時間にも患部をかくようになりました。かゆみを我慢できずに泣きだすので、添い寝をしている私も睡眠不足に悩まされるようになりました。

アトピー体質を改善しなければ治癒は難しい


まず、入浴時に丁寧に体を洗い、ジェルを塗り、そのあと、十分に乾いた15分後に保湿クリーム( 皮膚のバリア機能を保護) を、それぞれ患部に薄く塗ると、1ヶ月には湿疹が消え、いちばんかゆがっていた首のまわりもかかないようになりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

美肌乳酸菌は副作用がないのが安心 [美肌乳酸菌ジェル]

美肌乳酸菌でほとんどの子供がアトピー予防に成功し発症後でも86%の子供が改善

両親のどちらかがアトピーの乳幼児150人(アトピは未発症だが軽度の湿疹が見られるアトピーの予備群) に、治療と併用して乳酸菌を8週間とってもらいました。

その結果、アトピーを発症した乳幼児はわずか9人でした。統計上、両親のどちらかがアトピーの場合、55%の確率で子供にアトピーが発症(遺伝)しますが、乳酸菌の摂取が発症を8.6%に抑えました。
生後6ヶ月までに治療と併用して乳酸菌を与えれば9割もの高い確率でアトピーを予防できます。

1歳までなら8割、予防できる最終時期は1歳6ヶ月で、7七割の成功率です。すでにアトピーを発症した患者さんにも、乳酸菌は一定の効果があります。

アトピーを防ぐための乳酸菌は、何でもいいというわけではありません。乳酸菌には多くの種類がありますが、健康な乳幼児の腸にはプレーベ菌、ロンガム菌、インファンティス菌と呼ばれる三種類の乳酸菌が多く住みついています。
の3つの乳酸菌に乳酸梓菌(棒状の形をしている善玉菌) の1つであるアシドフィルス菌を加え、高濃度で混合したものが、美肌乳酸菌です。

これらの4つの菌は、アトピーの患者さんの体内で極端に不足しているといわれている菌です。
乳酸菌を治療に使いつづけている経験から、これら4つの菌の組み合わせこそ、最も強いアトピーの予防・改善効果があると確信しています。

1歳までの乳児の場合、美肌乳酸菌でアトピーが改善した後も2~3ヶ月続けて飲ませることで、再発の確率が低くなると実感しています。幼児から青少年、成人については、進学や転職など、人生の節口日ごとにストレスによってアトピーが再発することも多いようです。

人生の節目が訪れたら、再発を防ぐために飲みはじめるといいでしょう。美肌乳酸菌はアトピーの子供だけでなく、妊婦さんにも飲んでほしいと思います。

スウェーデンの医学報告によると、家族にアレルギー歴のある母子に対し、母親は妊娠36週めから、子供には誕生時から1歳まで乳酸菌を飲ませたところ、アトピーの発症率が6割も低下したそうです。妊婦は出産時に子供へ腸内細菌を正しく分け与えるためにも、出産前から自分自身の腸内環境を整えておくことが大切です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

頑固なアトピーで素顔がわからないほどのアトピーが6ヶ月でつるつるに [美肌乳酸菌ジェル]

最近の子供は免疫力のバランスが悪く両親がアトピーでなくても2割が発症

子供はもちろん、親も悩ませているアトピー性皮膚炎は、いまや社会問題になるはど全国で急増しています。統計によると、両親のどちらかがアトピーの場合、55% もの高確率で子供にアトピーが発症します。両親がともにアトピーでない場合でも、21% の子供がアトピーを発症するのです。

遺伝のほか、子供たちの免疫力(体にとって異物であるウィルスや細菌などに抵抗する能力)にも、アトピーを招く大きな原因があります。

免疫力は、ヘルパーT1型細胞とヘルパーT2型細胞(ともに白血球内にあるリンパ球の一種。 という2つの免疫細胞によって保たれています。そのため、両者のバランスがくずれると免疫力は正しく機能しません。

体内でTh1細胞が優勢になるとリウマチ、Th2細胞が優性になるとアトピーをはじめとするアレルギー疾患を発症しやすくなります。

人間は、Th2細胞が優勢な状態で生まれてきます。その後、生活の中でさまざまな細菌や微生物に接することでTh l細胞が成熟し、両者のバランスが整います。

ところが、最近の子供は泥遊びをせず、防腐剤で滅菌された食品を毎日とっています。清潔すぎる生活環境で暮らす子供は微生物にふれる機会が少なく、Th1l細胞は成長することができません。そのため、免疫力のバランスがくずれたまま成長します。

免疫力がくずれたまま成長した子供は皮膚のバりノア機能(外部からの刺激を防ぐカ) が弱く、ダニや花粉といったアレルギーを引き起こす物質が表皮から侵入しやすくなります。 その結果、刺激されてかゆみを引き起こした肌は炎症を起こし、アトピーを発症するのです。

清潔すぎる出産環境がよくない

潔すぎるといえば、近年の出産環境も、アトピーを引き起こす原因と考えています。赤ちゃんは、母親の胎内では無菌の状態です。出産時に母親の産道を通って便や微生物にふれることで、免疫力にとって大切な腸内細菌を母親から受け取ります。ところが、一般的な病院では、分娩室はもちろん、母親の体も過剰に殺菌・消毒されています。これでは、赤ちゃんは十分な量の腸内細菌を母親から受け取ることができません。

実際、アメリカの古い研究に次のような話があります。ある発展途上国の村と都市部で乳児の感染症に関する調査を行ったところ、村のほうが衛生状態がよくなかったにもかかわらず、村で生まれた子供は誰も感染症にかかりませんでした。

一方、清潔な都市部で生まれた子供には、感染症が多発していたのです。アトピーの治療で大切なことは腸内環境を整え、体内の免疫力を高めることです。

アトピーの子供は腸内環境が顕著に悪化しているうえ、免疫機能に有益な腸内細菌(善玉菌) がとても少ないことがわかっています。素顔がわからなくなるほどアトピーが悪化した患者さんを、私はこれまで数えきれないほど見てきました。かゆみによるストレスから、軽度の抑うつ症になってしまう患者さんも少なくありません。

生きたまま腸に届くのが理想!死んだ菌でも乳酸菌は腸プラス

治療と併用して私が開発した乳酸菌(美肌乳酸菌)を使用し、劇的な改善効果を上げています
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
美肌乳酸菌ジェル ブログトップ