So-net無料ブログ作成
検索選択
ピンボール手術で老眼が治る ブログトップ

長年の近視に老眼も!ピンホール手術で視力回復 [ピンボール手術で老眼が治る]

眼鏡をつけたり外したり不便だった

高校時代までは視力がよかったものの、大学の受験勉強で視力が低下してしまいました。

「大学時代は教室の前の席に座れば黒板の字がらくに見えたので眼鏡を使いませんでした。しかし30代になると、映画の字幕や会議室のモニターなどが見えにくくなったので、近視用の眼鏡を作りました。

フレームが視界に入ったり、ツルが耳に当たったりするのが不快で、映画や旅行に行くとき以外はできるだけ眼鏡を使いませんでした。
ところが、数年前から老眼も出はじめたので、近くと遠くを見るときに眼鏡を着けはずししなければいけななったのが不便でした
実は、十年ほど前、仕事を通じて慶応大学の新教授と知り合い、目の健康について関心を持つようになりました。
そして50歳になったとき、最新の老眼治療であるピンホール手術(正式にはアキュフォーカスという。) を受けてみようと思いました。

近くばかりか月の模様まで鮮明に見えて感激

弱い近視と乱視の治療とともに、角膜に小さなリングを入れてピント調節を高めるピンホール手術が受けました。最新の手術なので、当時、手術を受けた人は少数でしたが、角膜にくわしい専門医が長期間にわたって経過観察をしてくれて、もし、見え方に不満があっても角膜からリングを取り出せると開き、安心して手術を受けることができました。

その後、2種類の手術を受けました。最初にレーシック手術で近視と乱視を矯正して、次にピンホール手術で左目にリングを入れたのです。

手術は10数分ですみ、痛みも違和感もありませんでした。手術後は目の前に白い霧がかかったように見えましたが、特に心配はいらなと言われました。

実際、翌日にはその霧が半分くらいに薄れて、3週間後には視界がすっきり晴れました。手術後、定期検査を受けてドライアイの目の乾きのケアをしていますが、炎症などのトラブルはありません。

遠くの景色もはっきり見えるようになり、夜空の満月を見上げて、月の模様までわかったときは感激しました。もちろん、パソコン作業でも画面の文字が鮮明に見えて快適です。
裸眼で生活できる便利さを毎日実感しており、眼鏡を使いたくないという人にとって、ピンホール手術はよい選択肢の1つになるのではないか思いました。

近くも遠くも見えて老眼鏡が不要になるピンホール手術はこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ピンホール手術は目に小さいリングを入れてピント調節する [ピンボール手術で老眼が治る]

手術前後に検査を行う

ピンホール効果を活用したアキユフォーカス(ピンホール手術) は、角膜(黒目の部分を覆う透明な膜) の中にリング状の薄いシートを埋め込む手術です。

「まず、べッドで寝てもらい、麻酔薬を点眼します。次に、フェムトセカンドレーザーという器機で角膜にレーザーを照射し、角膜の一部に切り込みを入れるのです。こうしてポケットを作ったら、そこにリングを挿入します。最後に、切り込みを入れた角膜の表面をきれいに修復すれば終了です。

手術にかかる時間は、平均して15分程度と短く、患者さんの負担も最小限ですみます。しかし、手術前の精密検査や手術後の定期検査など、手術そのものより、前後のケアがとても大切です。

見え方に問題はないかなど、手術後の経過を患者さんに確認する必要があります。安全で効果が高い手術とはい、え、角膜にレーザーを照射するわけですから、炎症の有無などもしっかり検査しなければいけません」また、手術後しばらくの間は、見え方が変化するケースもあります。

場合によっては、角膜に乗せるリングの位置を微調整したり、リングを付け替えたりすることもあります。したがって手術後は、翌日・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後・六ヶ月後、1年後~という日程で検査を受けてもらっているため、これまでのところ患者さんに大きな問題は生じていません。

症例数の多い病院を選ぶ

ピンホール手術は自由診療で、費用は30万円が目安になります。軽度の近視や遠視の人は、角膜にレーザーを照射して視力を矯正するレーシック手術と同時に、ピンホール手術でリングも挿入します。
レーシック手術とピンホール手術をいつしよに受ける場合の費用は、37万~円です。では、ピンホール手術を肴望する場合、どのような病医院を選べばいいのでしょうか。

人によって年齢や職業、手術の目的はそれぞれ違います。患者さんにとってどのような見え方が望ましいのか、ほかの治療法も含めて十分に話し合える医師を選ぶことが大切です。

また、手術の前後に十分な検査を行っているか、この治療法の長所と短所をしっかり説明しているかも確認してください。ピンホール手術は、まだ新しい治療法です。この治療法の知識と経験が豊富な眼科専門医を選ぶことも重要です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

近くも遠くも見えて老眼鏡が不要になるピンホール手術 [ピンボール手術で老眼が治る]

目に入る光の量を調節

老眼と診断された場合、これまでは老眼鏡を使うしか方法がありませんでした。しかし最近になって、ラジオ波で角膜(黒目の部分を覆う透明な膜) を厚くするCK(コンダクティブ・ケラトプラスティ)療法や、老眼矯正用のレーシック手術などさまざまな治療法が開発され、老眼鏡を使わなくてもすむ時代が到来しはじめています。
そうした中、最新の老眼治療として注目を集めているのが、「アキュフォーカス」というピンホール効果を活用した手術(以下、ピンホール手術と)です。ピンホール効果とは、小さな針穴を通して物を見ると、目に屈折異常(近視・老眼・遠視など)がある人でもよく見えるようになる現象をいいます。針天から外をのぞくと、光の束が細くなって目の奥深くまで届くため、網膜(光を感知する眼球の奥の膜) でピントが合いやすくなるのです。こうした原理を活用したのがピンホール手術で、具体的には角膜の中にリング状の薄いシートを埋め込みます。すると、目に入ってくる光の量がリング中央の穴に絞られて、針天から物を見るのと同じ効果が得られるわけです。

利き目と反対の目にリングを入れる

ピンホール手術は米国で10年ほど前に始まり、日本では導入されたばかりです。そこで、国内で最も早くピンホール手術を老眼治療に取り入れたアイクリニック(東京都) の井手武副院長に話を聞きました。「ピンホール手術で使うリングは、直径約3.8mm、中央には直径約1.6mmの穴があいており、厚さは普通紙の10分の1程度になります」また、このリングが角膜の組織を完全にふさいで酸素や栄養の透過を妨げないように、リングの黒い部分には6400個の穴があけられているとのこと。「リングを角膜に入れると、ピンホール効果で光が中央の天から細いすじになって網膜に届きます。すると、目に映る物の形が鮮明になり、眼鏡をかけなくてもよく見えるようになるのです。なお、手術は利き目と反対側の目だけに行います。つまり、遠くを見るときに使われる利き目はそのまま残し、もう片方の目だけを手術することで、近くも遠くも見えるようにするのです。手術後は、遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズを使うわずらわしさから解放されます。裸眼で日常生活や運動ができて、災害時もすぐに行動できるのが最大のメリットです。

不具合があればリングを取り出すことも可能

ピンホール手術のもう1つの利点として、万が一、手術後の見え方が不満な場合には、リングを取り出せることがあげられます。「角膜にフラップというポケットを作り、そこにリングを挿入する手術なので手術後に何か問題が起こった場合でも、リングを簡単に取り出せるのです。これは、患者さん医師の双方に大きな安心感があります。一方、ピンホール手術は、すべての老眼に適用されるわけではありません。中等度以上の近視・遠視・乱視がある人、角膜・網膜の病気がある人、それに角膜が薄い人もリングを入れるポケットが作れないので、手術の適用外になります。「近視や遠視がある人はレーシック手術で視力を矯正してからリングを入れることになります。しかし、リングが乗る角膜をレーシックで削って薄くすると、十分な強度が保てません。そのため、強い近視・遠視・乱視の人や、もともと角膜の薄い人にはピンホール手術が適さないケースも多いのです。さらに、ピンホール手術を受けたあとは、目が乾きやすくなること、見え方に慣れるまで1~3ヶ月かかること、手術を受けた片眠が暗い場所で多少見えにくくなること(両眼で見れば問題はない)、長時間の読書では疲れ目対策に眼鏡をかけたほうがいい場合もあることなどを知っておいてほしいと思います。「例えば、白内障がある場合は、遠近両用の多焦点眼内レンズを選択する方法もあります。担当医から老眼治療の選択肢について十分な説明を受け、ほかの治療法も考慮したうえで、最適な治療法を選択してほしいです」患者さん自身もピンホール手術について理解し、手術を受ける前には担当医と十分に話し合い、慎重に決めることが大切なようです。
ちなみに通常の診療でも高齢者の白内障もここまで治します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
ピンボール手術で老眼が治る ブログトップ