So-net無料ブログ作成
濃縮乳酸菌 ブログトップ

胃がん手術前から濃縮乳酸菌を飲んだらすぐに仕事復帰 [濃縮乳酸菌]

濃縮乳酸菌で胃ガン手術後の食欲不振・体力低下がなかった

毎年、3月の決算期になると胃が痛くなっていたのですが、その年は痛みがとてもひどくて、我慢できないほどでした。

それまで大病をしたことのなかった私がいつもと異なる胃の痛みを感じたのは数年前のことでした。「近所の病院で診てもらったところ、大きな病院できちんと検査を受けたほうがいいといわれました。

実は、その歳まで健康診断を受けたことがなかったんです。それくらい体が丈夫だったので、せいぜい胃潰瘍か何かだろうと思っていました。

ところが、実際に紹介されたのがガンの専門病院だったので、『胃ガンなんだ』とすぐにわかりました。検査を受けた結果、予想どおり胃がんでした。

内視鏡手術だとガンが残ってしまう可能性もあるので胃の3分の2程度を切除することになりました。
手術は無事成功し、その後の検査でも転移はありませんでした。

1週間の入院生活を経て、は退院しました。退院した翌日には仕事復帰を果たせました。胃の摘出手術後、食欲不振、体力低下が見られる人が多いと聞いていたので驚きました。体調がよかったのには理由がありました。ガンの専門病院を紹介されると、すぐに濃縮乳酸菌を飲みはじめました。

免疫力を高めるので、ガンにもいいと、友人から紹介されたのがきっかけでした。末期だったらどうしょう、転移していたらどうしようと不安でしたから、そんな気持ちを少しでも和らげるために、取り寄せました。

濃縮乳酸菌には、「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」という乳酸菌が1包あたり4兆個以上含まれています。毎日就寝前に3包、濃縮乳酸菌を欠かさず飲むようにしました。

手術後、1度に食べられる量に限界はあるものの、食欲不振や体力低下がなかったのは、濃縮乳酸菌のおかげだと思っています。
また、私があまりにも元気なものですから、同僚は驚いています。その後の検査も順調でした。手術から1ヶ月後、さらに半年後の検査でも異常なし。

先生から、「次から検査は1年おきでいいです」といわれました」もともと丈夫でしたが、濃縮乳酸菌を飲みはじめて、体調がますますよくなっていくのを実感しています。

まず、まったくカゼを引かなくなりました。便通もよくなり、疲れにくく、なんだか体が軽くなったような気がしています。
手術をして半年後の検診以降は、1日1包に飲む量を減らしたものの、ずっと飲みつづけているのはそのためです。


濃縮乳酸菌はこちら。
タグ:濃縮乳酸菌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

濃縮乳酸菌で末期の前立腺癌の数値が3ヶ月で低下 [濃縮乳酸菌]

頻尿・残尿感で検査を受けたら末期の前立腺ガンだった


「おしっこが近くなったな、と感じるようになったのは八年前のことです。年のせいだろうと、あまり気にかけていなかったのですが、家内から「念のために、一度くらいちやんと検査を受けておいたほうがいい」といわれて、市内の病院に行ったんです。

軽い気持ちで受けた検査の結果、見つかったのは前立腺ガンでした。1週間ほど入院していて、退院の日に前立腺ガンであることを告げられました。

ショックじゃなかったといえばウリになりますが、年も取っていますし、しかたのないことだと思いました。前立腺ガンの治療では、一般的に男性ホルモンを抑えるためのホルモン療法が行われます。効果が出なければ抗ガン剤治療、それもダメなら睾丸を摘出する手術が行われることもあります。

治療では、ひとまずホルモン剤を飲むことになりました。後になって家内から聞いたのですが、私のガンはすでに末期だったようです。

腫瘍マーカーの数値も異常に高くて、主治医からは「ホルモン療法の効果がなければ、あとは手の打ちようがない」とまでいわれていたほどでした。

事情を知っ妻 は、ガンの改善に役立つといわれている情報を必死に集めて回ったそうです。そうして見つけ出したのが、濃縮乳酸菌でした。濃縮乳酸菌には、「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」という乳酸菌が1包に4 兆個以上含まれています。とにかくこれを飲んでみて!といって、家内が聞かないんです。いわれるままに朝・昼・晩の食後に1 包ずつ、1日計3包の濃縮乳酸菌を飲むようになりました。

まず、便秘が改善した

こうして濃縮乳酸菌を飲みはじめたのですが、成分や働きについてはいっさい知らされていませんでした。

そもそも前立腺ガンの自覚症状があまりなかったですから、濃縮乳酸菌を飲んだからといってガンが治っていくような感覚は特にありませんでした。

ただ、私はふだんから便秘がちだったのに、3三日ほどで便通がよくなったのは感じていました。その後も欠かさず濃縮乳酸菌を飲みつづけ、3カ月後に検査のために訪れた病院で、腫瘍マーカーの数値が下がっていることを医師から告げられました。

数値はよく覚えていないのですが、なんでも最初の10分の1くらいになっていたらしいんです。

先生はとても驚いていました。『よその病院で何らかの治療を受けましたか』と聞かれ、先生の治療がすべてですとお伝えしました。

そのときから、これはもしかしたら濃縮乳酸菌のおかげなのかもしれないと、考えるようになりました。すると1ヶ月後、腫瘍マーカーの数値はさらに改善していました。「先生が驚きながら、『基準値の範囲内に収まっている』っていうんです。

私からしたら、『ああ、よかった』といった程度の感覚だったのですが、末期と知っていた先生と家内はさぞかしたまげたことでしょう」

腫瘍マーカーの数値が改善してからは、濃縮乳酸菌を朝食後に1一包だけ飲むようにしました。末期の前立腺ガンとわかってから7七年たちますが、腫瘍マーカーは基準値を維持しています。

先生からは、完全治癒だといわれています。あの状態からここまで回復するとは、正直思わなかったということです。

一方、家内からはたびたび『実はあのときは覚悟していた』といわれています。確かに何もしていなかったら、いまごろどうなっていたかわかりません。

ホルモン剤がよく効く体質だったのかもしれないのですが、個人的には濃縮乳酸菌の効果もかなりあったと思っています。家内には、ほんとうに感謝しています。
濃縮乳酸菌はこちら。
タグ:濃縮乳酸菌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

濃縮乳酸菌をオペ前から飲んだら1ヶ月で2センチ大の甲状腺がんが消失 [濃縮乳酸菌]

甲状腺ガンの手術まで1ヶ月の期間があり不安感から濃縮乳酸菌を飲みだす

私が体の異変に気づいたのは、「のどぼとけのあたりに、プクッとしたしこりができたんです。しばらくたってもなくならないので、気になって近う所の耳鼻咽喉科に行ったら、精密検査をすすめられまし。

検査は、病巣の組織の一部を取って行う「生検」というものでした。組織は専門機関に回され、くわしく調べるとのことでした。

耳鼻咽喉科を再び受診すると「そのときに、悪性腫瘍だといわれたんです驚いて先生に『それって甲状腺ガンてことですか』とおたずねしたら、そうですと言われました。

その耳鼻咽喉科では手術できないということで、大学病院を紹介されました。ショックを受けながらも、紹介状を持って大学病院を受診し、大学病院でも、あらためて検査を受けました。エコー検査の結果、やはり甲状腺ガンといわれ、腫瘍の大きさ2センチに達しているとのことでした。「手術は1ヶ月後になるといわれました。

当時、子どもが生まれたばかりでしたから、『どうしよう、どうしよう』と、とにかく頭の中はパニック状態でした」

そんなとき、ガンの改善に役立つといって友人から強くすすめられたのが、濃縮乳酸菌でした。濃縮乳酸菌とは、数ある乳酸菌の中で免疫力を高める働きが最も大きい、「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」が1包あたり4兆個以上含まれている健康食品です。

一止直、半信半疑でしたけれど、手術を待っているうちにガンがさらに大きくなるんじゃないかと不安で、なにもせずにはいられませんでした。

とにかく濃縮乳酸菌を飲んでみることにしたんです。飲んだ量は朝・昼・晩の食後に1包ずつと、寝る前に1包の1日計4四包でした」

それでも手術までの1ヶ月、不安な日々が続きました。ようやく迎えた手術では、甲状腺の腫瘍を切除したうえ、転移がないか調べるために、周辺の組織も摘出されました。

手術が終わって全身麻酔から目が覚めると、執刀してくれた先生が怖い顔で病室に入ってきました。なんだかすごく嫌な予感がしたのを覚えています。ところが、出てきた言葉は意外なものでした。取り出した組織を調べてみたけれど、どこにーもガンがないっていうんです。

しばらく、意味を理解できずにいましたがようやく状況を把握した最初に受けた生検が誤診だったのかと医師にたずねました。

すると、専門機関が行った検査で、誤診が起こりうる可能性は極めて低いと否定されました。

さらには、大学病院の検査でも甲状腺ガンと診断されています。医師とのやり取りは、その後も続きました。

ほかになにか治療をしましたかと聞かれたので、濃縮乳酸菌を飲んでいたことをとりあえず伝えました。とはいっても、先生は軽く聞き流す程度でしたが」まさにキツネにつままれたようだったと覚えています。

が、いま思えばガンが縮小していくような感覚はあったといいます。「濃縮乳酸菌を飲みはじめてから、のどのしこりが少しずつ小さくなっているような気はしていたんです。ただすっかりくなったわけじゃありませんし、まさか1ヶ月でガンが消えるなんて、期待さえしていませんでした。

医師の最終的な見解は、大量のFK-23菌が腸管免疫を刺激し、その結果、免疫システムが活性化したことによってガン細胞を消滅させたのかもしれない…とおっしゃいました。

濃縮乳酸菌を飲みだしてから、インフルエンザにかからなくなったんです。それまではワクチンを打っても寝込むことがあったのですが、いまはワクチンを打つこともありません。カゼも引かなくなりました。体の調子がとてもよく、休日は息子と外遊びを楽しんでいます。
濃縮乳酸菌はこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

濃縮乳酸菌はガン治療の副作用を軽減し、白血球や腎臓、、肝臓の機能低下を防ぐ [濃縮乳酸菌]

濃縮乳酸菌は患者の体の状患に合わせて免疫物質の量を調整し治療効果を高める

ガンの3大療法は、手術・抗ガン剤治療・放射線治療です。

残念ながら、これらは万全な治療法ではありません。手術は体への負担が大きく、抗ガン剤治療や放射線治療は副作用を伴うからです。
このうちの抗ガン剤治療の副作用がつらい、と訴える患者さんが特に多くいらっしやいます。正常な細胞まで攻撃してしまう抗ガン剤の副作用は、全身に現れます。

主な副作用は、白血球の減少、食欲不振、吐きけ、脱毛、下痢、肝臓や腎臓の機能低下など、実にさまざまです。もちろん、抗ガン剤は、現在のガン治療に必要です。

医療現場では、いかに副作用を抑えながら治療効果を高められるかが重要課題となっています。患者さんを抗ガン剤の副作用から救い、治療効を高めているのが、「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」を1グラムあたり4兆個以上を含む濃縮乳酸菌です。

ある動物実験では、FK-23菌を食べさせたマウスに各種の抗ガン剤を与えて、副作用のようすを観察した結果、白血球の減少を抑え、肝臓や腎臓などの機能低下まで防げたと報告されています。

濃縮乳酸菌が腸管免疫の活動を高めて上目血球の数を増やしたり働きを活発にしたりするということです。

動物実験では、抗ガン剤により減少した白血球を増やすという「治療での実用性」が認められたのです。

それだけでなく、ガンを植えつけたマウスに抗ガン剤とFK-23菌を併用すると、抗ガン剤単独のときよりもガンが小さくなった、というデータも得られています。

さらに驚いたのは、肝臓や腎臓の保護にも役立つインターフェロンや免疫グロブリンA (IgA) という免疫物質の分泌量を、体の状態に合わせて調節していたことです。

つまり、濃縮乳酸菌をとると、抗ガン剤の働きを阻害することなく副作用は抑えて、さらに本来自分が持っている免疫力を最大限引き出し、ガン細胞を効率よくやっつけることができるというわけです。

抗ガン剤がもたらす食欲不振、吐きけ、下痢が速やかに改善しガンは3ヶ月で縮小


濃縮乳酸菌によって抗ガン剤治療の副作用から解放された患者さんたくさんいらっしゃいます。食欲不振、吐きけ、下痢といった症状に対しては即効性があることが確認できています。

ただし、いったん減少してしまった白血球が本来の数値に戻るまでには、早くて3週間、遅い場合で3ヶ月程度かかるのが一般的です。

ガンの縮小が見られるのも、そのころからです。私はこうしたことを踏まえ、抗ガン剤治療が始まる前から濃縮乳酸菌を飲んでもらうよう、おすすめしています。

治療の導入時から抗ガン剤の副作用を抑え、さらには速やかに効果を高めることができるからです。いまやちまたには、数々の健康食品があふれています。個々人に合った健康食品を適量飲んでいれば、効果が期待できることもあるでしょう。

とはいえ、自分に「何が」「どのくらい」”要なのかは、検査でわしく調べないとわかりません。健康食品は、やみくもに飲めばいいというものではないのです。極端な話ですが、健康食品で体調をくずした人もいるのも事実です。
「健康食品に求める条件」として、常に次の5つが重要項目です。
  1. 毒素を出す(便通をよくする)
  2. 老化(動脈硬化)を改善する
  3. 栄養状態をよくする
  4. 免疫を増強する
  5. 副作用がない

濃縮乳酸菌はこちら。
タグ:濃縮乳酸菌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

体を防衛する免疫機能の7割が集まる腸を強化するには濃縮乳酸菌 [濃縮乳酸菌]

健康体でもガンの芽は潜んでおり免疫力が落ちれば増殖が続いて10~30年で発ガン

乳酸菌が腸の健康にいいということは、いまでは常識になっています。

さまざまな種類のある乳酸菌の中には、単なる整腸作用にとどまらず、優れた免疫力増強作用を発揮するものも存在します。

実際、ガン治療で高い効果を上げている乳酸菌の健康食品があることを、皆さんはご存じでしょうか。その健康食品とは、「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」という菌体が豊富につめ込まれた濃縮乳酸菌です。

濃縮乳酸菌の働きと、私たちの体に備わる「免疫システム」についてです。私たちの体では、毎日2000~4000個の「ガンの芽」が生まれています。

ストレスや紫外線で増えた活性酸素、化学物質などによって遺伝子が傷つけられて、細胞が突然変異するのが原因です。

ガンの芽が生まれることはごく自然な現象で、特別な話ではありません。そのため、私たちの体にはあらかじめガンの芽を摘み取る防衛策が備わっています。それが、体にとって異物であるウィルスや細菌を追い払う「免疫システム」です。

疫システムがきちんと働いていれば、白血球がすぐさまガンの芽も退治してくれるのです。ところが免疫システムの働きが衰えると、白血球の攻撃を免れるガンの芽が出てきます。

生き残ったガンの芽は、その後、増殖をくり返します。1年で8倍、2年で150倍、3年で900倍、4年で15000倍です。

「ガンの芽をいかに早く摘み取るか」「ひそかに増殖しているガンをどうやって退治するか」ということです。すなわち、免疫システムの強化が必要なのです。

濃縮乳酸菌は数ある乳酸菌の中で免疫力を高める働きが最も強い種類を4兆個も含有


私たちの体に備わる免疫システムは、7割が腸に集中しています。小腸の粘膜には「バイエル板」というセンサーがあり、異物を感知するたび、白血球の数を増やしたり、働きを活発にしたりしているのです。こうした腸内特有の免疫システムは、腸管免疫」と呼ばれています。腸内には100兆個ともいわれる腸内細菌が存在し、善玉菌と悪玉菌が勢力争いをくり広げています。

善玉菌が優勢なら腸管免疫の働きが強まり、悪玉菌が優勢になれば腸管免疫の働きは弱まるとわかっています。
善玉菌の1つである乳酸菌は、腸の健康にいいといわれています。ただし、効果を得るには1日1兆個以上の数
が必要です。

市販の乳酸菌飲料は、乳酸菌の含有量が最も多いもので100mlあたり10億個程度。毎日10リットル以上飲まなければならない計算になります。

医薬品の乳酸菌製剤に含まれる乳酸菌も1グラムあたり100億個程度で、100兆個にもなる腸内細菌のバランスを改善させる数には及びません。

これに対し、濃縮乳酸菌には1グラム(1包) あたり4兆個以上もの乳酸菌が含まれています。腸内環境を速やかに善玉菌優勢の状態にするとともに、パイエル板を刺激して腸管免疫の働きを活発にするのです。乳酸菌の数だけでなく、菌の種類にも大きな特長があります。濃縮乳酸菌には、数ある乳酸菌の中で免疫力を最も強くする菌が使われています。しかも、特殊製法で培養してから加熱処理・乾燥し、その働きをさらに高めてあるのです。

濃縮乳酸菌はこちら。
タグ:濃縮乳酸菌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

腸には1100兆個もの腸内細菌が存在し替玉薗の乳酸菌を増やす プロテサン S 濃縮乳酸菌 顆粒 [濃縮乳酸菌]

腸の悪玉菌が増えれば体内に入る毒素も増えガン・動脈硬化・高血圧・肝臓病などが多発する

私たちの腹の中には、500種類以上、100兆個もの膨大な腸内細菌がすんでいます。人間の細胞の数はおよそ60兆個です。腸内細菌の数がいかに膨大であるかがわかります。<

ひとつの腸内細菌は、肉眼で見ることができないほど小さくて無力ですが、100兆個という数にもなると、健康状態を左右するだけのカを持ちます。

腸内細菌を働きや人体に対する影響で分類すると、乳酸菌などの「善玉菌」、ウエルシュ菌などの「悪玉菌」、そしてどちらにも属さない「日和見菌」に分けられます。

腸内細菌の割合は通常、善玉菌と悪玉菌がそれぞれ15%ずつ、日和見菌が残りの70% 程度です。善玉菌には、ビタミンやたんばく質の合成、消化吸収の補助、病原菌の増殖抑制など、健康の維持や増進に役立つ働きがあります。

一方、悪玉菌はアンモニア、フェノール、インドールなど、アルカリ性の有害物質を作り出し、私たちの健康に悪影響を与えます。
腸内細菌の最大勢力である日和見は、菌善玉菌と悪玉菌のうち、カの強い腸内細菌の加勢をする性質を持っています。

善玉菌の働きが悪玉菌より少しでも大きくなれば、善玉菌と同じ働きをするようになるのです。健康でいるためには、まずは善玉菌優位の腸内環境を保つ必要があるといえます。このバランスがンスがくずれると、形勢は一気に逆転し、健康状態が悪くなります。

具体的には、悪玉菌の増加に伴って増えた有害物質が腸管から吸収されて、ガン、動脈硬化、高血圧、肝臓病などになりやすくなるのです。

乳酸菌摂取は善玉菌を増やす近道で免疫力が強くなり大量の異物やガン細胞を退治できる

腸内環境は、免疫力とも密接に関係しています。食事のたびに大量の異物が入ってくる腸は、消化器官としての働きだけでなく、病原菌や異物から身を守る防御機構の最前線でもあるのです。

そもそも「免疫」とは、
体外から侵人してきた細菌やウイルスなどの微生物、寄生虫、そのほか体内で発生したガンなどの病的な細胞を「異物」として認識し、排除するシステムです。

免疫システムの主役は、白血球です。白血球は形や働きによって、リンパ球(T細胞、B細胞)、マクロファージ、好中球などに細かく分けられます。

それでは、免疫システムのしくみを簡単に紹介します。

小腸には絨毛という突起があり、バイエル板、腸間膜リンパ節、粘膜固有層など、免疫システムに欠かせない消化管関連リンパ組織というものが集まっています。ここに異物が侵入してくると、まず大食細胞ともいわれるマクロファージが次次と「異物」を取りこんで消化するとともに、体内の免疫本部に異物(抗原) の情報を伝えます。

すると、マクロファージから連絡を受けた免疫細胞がB細胞に派遣して、異物に向けて抗体といーフミサイルを発射し、攻撃を開始します。そして同時に、全身のほかの白血球を活性化させ、さらなる異物の侵入に備えて臨戦態勢を敷くのです。ところが悪玉菌優位な腸内環境になると、免疫システムの働きが鈍くなってしまいます。くり返しになりますが、腸内細菌のバランスを良好に保つことは、私たちが健康的に過ごすうえで最も大切なことなのです。

善玉菌優位な腸内環境を保ついちばん簡単な方法は、乳酸菌をとることです。乳酸菌を日常的にとって善玉菌優位の腸内環境を保てれば、ガンや動脈硬化、高血圧や肝臓病など、さまざまな病気の予防や改善につながります。

「プロテサン S 濃縮乳酸菌 顆粒 1.5g×45包入」は、1包(1.5g)に4兆個分の乳酸菌を含むサプリメントです。生活習慣が気になるなど積極的に健康維持に取り組まれる方や、カラダの環境作りに取り組まれる女性など健康が支える充実した日々をお望みのあらゆる方々に幅広くご愛用いただけます。飲み易いソフト顆粒状のため、常温で手軽に持ち運びできます。オリゴ糖も配合し、食物アレルゲンフリーの原材料のみを使用したヘルシーな食品です。健康維持にお役立てください。
水等の飲料等と一緒にお召し上がりください。
使用量の目安:1日1~3包
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
濃縮乳酸菌 ブログトップ