So-net無料ブログ作成
白内障の予防に黒豆の皮 ブログトップ

白内障の診断後、黒豆の皮をとったら夜でも細かい文字が読め視力もアップ [白内障の予防に黒豆の皮]

夜になると目がかすんで運転が大変

昔から視力は1.0ありましたが、40代の終わりごろから暗くなると、新開や資料の細かい字が見にくくなってきました。単に視力が落ちただけだと思っていたら、健康診断で白内障の疑いがあると診断されました。
白内障の疑いありと診断されたのは、50歳のときでした。それ以来、仕事中に目が疲れると濡れタオルで目を冷やしたり、休日の外出時に紫外線カットのサングラスをかけたりして、目のケアに気を配るようになりました。

それでも、仕事中にパソコンのディスプレイを見つめる時間が長いので、夕方になれば視野がかすむこともしばしば。夜間に車を運転していても、前の車のナンバープレートが見えにくかったり、距離感がつかみにくかったりするようになり、白内障の症状が少しずつ現れてきました。

その頃から軽い飛蚊症も出るようになりました。視力も1.0から0.5に下がって、老眼の兆しも感じるようになりました。
同年代の知人の多くは、遠近めがね両用か老眼専用の眼鏡をかけていました。眼鏡をかけるといっそう目が悪くなるのではないかと不安でメガネをつくりませんでした。

7日で細かい文字もクッキリ見え飛蚊症・目やになどの症状も治まった

疲れ目や飛蚊症がすぐ解消し、白内障もよくなっている人が多いといって、友人がすすめてくれたのが、黒豆の皮の粒食品だったのです。黒豆の皮に含まれる黒い色素に目にいい成分が入っているそうです。

、つです。すると、一週間たったころから、夜になっても細かい文字がクッキリ見えるようになったといいます。「以前は目を細めないと読めなかった資料や本の小さな文字が、日を細めずに読めるようになりました。飛蚊症や目やにも治まり、車の運転もなんの支障もありません。

黒豆の皮の粒食品を飲みはじめて一カ月後、山添さんは病院で視力を測ってもらうと、両目とも〇・五から〇・八に回復していたのです。黒豆の皮の粒食品の効果は、視力以外にも現れました。1ヶ月ほどで体重がずいぶん減少しました。

老眼・白内障・緑内障の兆候はこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

黒豆の皮で視力が0.5もアップ [白内障の予防に黒豆の皮]

30代から老眼がはじまり40代で遠近両用メガネを装用


私は、30歳を過ぎたころから、老眼が始まりました。子供のころは、両目とも視力が2.0で遠視でした。そのためでしょうか、老眼が始まるのは早かったです。

年を取るとともに視力が落ち、老眼が始まってからは乱視も出るようになりました。新聞や書類を見るとき、顔を近づけたり離したり、目を凝らしたりしないと読みにくくなったため、41歳で遠近両用肝蹴を使うようになりました。
午後3時を過ぎると、疲れ目がひどくなりました。

特にパソコンを使っていると、目がショボショボして画面が見にくくなり、余計に目が疲れます。ひどいときには、目の奥がズキズキ痛むこともありました。
そのため、目の周囲をマッサージしたり、目薬をさしたり、おしぼりを目に当てたりして、目の疲れを癒しながら仕事をする日々が続きました。

老眼の進行は仕事だけでなく、車の運転にも影響を及ぼしました。晴れている日は、順調に車を運転できます。ところが、雨の日の夕方は視界がかすんで車を運転していると、ヒヤッとする瞬間がよくありました。トンネルの出入り口でも、明るさが急激に変わるので目のピントを合わせにくくて苦労しました。

黒豆の皮の粒食品を知ったのは、知人にすすめられたのがきっかけでした。それまで、サプリメント類には興味がなかったのですが、黒豆の皮に含まれる成分が、目の疲れに効果があると問いて、早速試してみました。

朝食後と午後3時ごろ、1粒ずつ飲みました。2週間後に眼科へ行く機会があったので、視力検査を受けました。すると、左目は0.7から1.2に、右目は0.5から0.8に視力がアップしていたのです。

それまで使っていた眼鏡では度数が合わなくなったので、眼鏡店に作り替えに行きました。そのとき、目がよくなって眼鏡を作り替えるお客様ははじめて」と言われました。

度数を下げた遠近両用眼鏡に作り替えましたが、かけずに過ごすことが多いです。視力が向上してから、夜までパソコンを使いつづけても、以前のように目が疲れなくなりました。たとえ、目が疲れても、黒豆の皮の粒食品を飲めば一時間もしないうちに回復するとのことです。

読書が趣味なので黒豆の皮の粒食品を飲みはじめてから読書熱が再燃。いくら読んでも目が疲れないので、小説だけでなく哲学書やビジネス書まで読むようになりました。幸せの毎日です。

黒豆より抗酸化作用の強力なアサイーベリーも最近知り、試してみようとおもっているところです。
アサイーベリー レビュー
やっぱり目にはアントシアニンなんだなとよくわかりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

黒豆の皮でドライアイは数日、視力は40日でアップ [白内障の予防に黒豆の皮]

午後になると目が異常に乾き夕方には目の奥が痛み真っ赤に充血した

小学校入学と同時にに視力が低下して、小学2年生で近視用の眼がね鏡をかけるようになりました。
目が悪いこと、眼鏡をかけでいることに、コンプレックスを感じていました。

視力が小学生時代に0.1、中学生になると0.1以下に落ちてしまいました。父親が強い近視で、そうした父親の体質を受け継いだとあきらめていました。

、高校生になるとコンタクトレンズを使うようになりました。食品系の会社に就職し、事務職として1日の仕事の大半をパソコンで作業しています。
数年前からドライアイ特有の症状に悩まされるようになりました。「後には目が乾いて、まばたきをするたびに、コンタクトレンズがまぶたに引っかかるような感覚を覚えるようになりました。
夕方になると目の奥がズキズキ痛み、真っ赤に充血するようになったのです。ひどいときは、頭痛を伴うこともありました。
コンタクトレンズを外したほうがいいのはわかっていました。でも眼鏡をかけるのが嫌で、コンタクトレンズを使いつづけたのです。そのため、1時間おきに目薬をさしながら仕事をしていました。

2週間でドライアイが解消し1ヶ月後に視力が大幅に向上したという知人からすすめられて、抗酸化成分が抜群に多い「黒豆の皮」の粒食品を飲みはじめたのは、数年前からでした。
知人は、自分も飲んだらドライアイが治って、目が疲れなくなったというのです。それで、


試してみようと思い、黒豆の皮の粒食品を購入しました。初めは気が向いたときに飲んでいました。それが、1週間たったころ、夕方になってもコンタクトレンズに違和感がなく、目の疲れも感じないことに気づいたのです。

それ以来、朝の出勤前と夕方の帰宅後に1粒ずつ飲むことにしました。すると2週間ほどで、目の乾き・痛み・充血が消え、肩・首のこり、頭痛も治まりました。

また、目の下のクマもきれいに取れました。さらに、黒豆の皮の粒食品を毎日飲みだして1ヶ月後、コンタクトレンズを新調するために訪れた眼科で検眼してもらいました。その結果、左右ともに0.05だった視力が0.2に向上していることがわかり、コンタクトレンズを度の弱いものに作り替えることができました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

目の特効成分が新たにつかった黒豆の皮は目の疲れをとる [白内障の予防に黒豆の皮]

抗酸化カと血行促進力で目の血流を改善し網膜の機能も向上

パソコンやテレビゲームそしてスマホなどの携帯電話の普及に伴って、目の疲れを訴える人が急激しています。

こうした目の疲れを取り、目の健康を維持する食品として、最近注目されているのが黒豆です。黒豆は、皮にアントシアニンという成分が豊富に含まれています。
アントシアニンは、黒豆の皮の黒い色のもとになっている色素成分で、ポリフェノールの一種です。アントシアニンは、酸化を防ぐ抗酸化作用と、血流を改善する血行促進作用に優れています。
イタリア、フランス、ニュージーランドでは、ピルベリー(北欧に原生するブルーベリーのから抽出したアントシアニンが医薬品として承認されており、夜盲症、毛細血管・脳血管障害、胃潰瘍の治療に用いられています。ビルベリーの効果はこちらです

目については、疲れを取り、視力回復に効果があります。黒豆の皮エキスは、視力と、目の調節力を著しく改善させることがわかったのです。
試験は、眼精疲労を訴えるVDT作業に従事する成人男女32名を対象に行いました。彼らに黒豆の皮の粒食品を1日に3粒とってもらい、とる止別と、とり始めてから4週間後の目の状態を比較したのです。

自覚症状については、眼精疲労評価方法に関する研究を参考に24項目について調べました。その結果、「目が疲れる」という項目に関しては被験者の6割 、「目が乾く」では4割 、「肩がこる」では4.5割が、それぞれ「著明改善」「改善」と答えています。

眼精疲労は8割近く改善し視力や調節力も大幅アップした


視力に関しては、右目、左目のいずれにおいても、平均2段階の改善が見られています。目の調節力に関しては、アコモドメーターという器械を用いて調べました。アコモドメーターは、被験者の目の前で指標(マーク)を近づけたり、遠ざけたりする器械です。指標が見えなくなった地点と再び見えるようになった地点を調べることで、目の調節力の程度がわかります。

試験では、指標を被験者の目の前で10往復させました。一般に測定の回数を重ねるうち、測定値にはバラツキが見られるようになります。
そのバラツキが大きいほど、調節力が衰弱しているというわけです。黒豆の皮の粒食品をとりはじめて4週間後に行った測定では、被験者の4割 に測定値のバラツキが見られなくなっていました。

黒豆の皮エキスには、目に対する一定の効果があるものと思われます。ただ、なぜ黒豆の皮エキスが目にこのような効果を及ぼすのか、まだよくわかっていません。また、今回の試験では、黒豆の皮の粒食品をとったことによる症状の悪化や不具合、副作用などはまったく見られていません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

近くを見る時間が長く疲れ目なら目をしっかり休めて黒豆の皮の常食がおすすめ [白内障の予防に黒豆の皮]

パソコンを長時問使うと毛様体の筋肉が疲れピントが合わなくなる


目以外にも耳・舌・手など、さまざまな感覚器官を持っています。その中で、外部からの情報の8割以上は、視覚から得ているといわれています。
したがって、目は負担が大きく、常に疲れやすい状態にあるといえるのです。その上、現代人はパソコンやテレビ、ゲーム、スマホなど、近距離で画面を見続ける時間が長くなっています。

パソコンが本格普及しはじめた20年前に比べれば、比較にならないほど目を酷使しているといわざるを得ません。目に入ってくる画像は、まず「水晶体」というレンズを通ります。

このとき、水晶体の厚さを「毛様体」と呼ばれる部分の筋肉(毛様体筋)が調節して、ピントを合わせます。ところが、パソコンやゲームを長時間使って目を酷使すると、毛様体はストレスがたまって疲れてしまい、ピントを調節できなくなります。

ピントが慢性的に合わなくなった状態が「近視」です。近くの物を長い時間見て目を酷使している現代人は、毛様体に疲れをためないようにすることがとても重要です。

実は、毛様体の疲労回復に役立つ大変優れた食品があるのです。疲れ目・近視・老眼に有効な成分が豊富なことで注目されている、黒豆の皮です。皮を含めた黒豆の薬効は、古代中国の伝説の聖人・神農が著したと伝えられている『神農本草経』や薬学書『本草綱目』にも記載されています。特に『本草綱目』では、食後に黒豆を現在の単位にして20グラム程度煎じて飲めば、効果があると記されています。

黒豆の皮に含まれる色素は抗酸化力が強く毛様体の疲れを取る


黒豆の皮の目に対する効果を、現代医学の立場から説明してみましょう。黒豆には、血液をサラサラにして血流をよくする成分が含まれています。それが、皮の部分に含まれているアントシアニンという色素です。

里豆のアントシアニンには、にシアニジンと呼ばれる種類の色素が多く含まれています。シアニジンを十分にとれば、中国では、昔から黒豆の薬効が知られていた身の血流がよくなります。
特に、非常に細い血管が集まっている目では、血流が一段と促進されます。シアニジンは、抗酸化作用や、それに伴う血流改善によって、衰えた毛様体を回復させます。その結果、疲れ目・ピント調節力・視力低下を改善するのです。

また、シアニジンの抗酸化作用は、目の老化も防ぐので、老眼にも効果が期待できます。黒豆の皮の成分には、ほかにも目の機能を改善させる働きがあります。外部から入って水晶体を通った画像は、目の奥の「網膜」に映ります。ここでは、ロドプシンという色素が働いて\います。薄暗いところで目を長時間酷使すると、ロドプシンを再合成できなくなって、物が見えにくくなります。シアニジンは、ロドプシンの合成を促進することが知られています。
また、網膜に映った画像を脳に伝える役割を果たしているのが、視神経です。シアニジンの作用によって、視神経の働きもアップします。

現代人は遠くよりも近くを見る時間が圧倒的に多い [白内障の予防に黒豆の皮]

近くを見ることが多い現代人は遠くを見る視力を使わなくなってしまった

一般的に視力といえば、視
力検査表を見て測定した0.8や1.5などの数値をさします。
大半はこの数値が高ければ視力がよいので遠くがはっきり見えるほうが「目がよい」逆が目が悪いという解釈です。

そうした遠くが見える力だけをよい視力とは、いいと言えなくなってきているのです。人はそれぞれ、その人の生活環境に適した視力があるはずです。

例えば、サバンナで狩猟生活を営む人であれば、遠くまで見渡せる3.0といった、いわゆる強い視力が必要でしょう。狭い都会で暮す私たちには、それほど強い視力は必要ありません。

むしろ、強すぎる視力は、私たちの目をひどく疲れさせることが多くなります。目は物を見るとき、凸型レンズの形をした水晶体の厚さを変えてピントを調節しています。

水晶体は、まわりを囲んでいる毛様体筋という筋組織によって厚さを変えています。近くを見るときは毛様体筋が緊張して水晶体を厚く膨らませ、遠くを見るときは毛様体筋が弛潰して水晶体を薄くするのです。

毛様体筋は、長く緊張しつづければ疲れます。これがいあゆる目の疲労です。目の疲労が長く続くと、毛様体筋は弛壊しにくくなり、水晶体は厚いままの状態になります。これが調節性の近視といわれるものです。

また硬くなっていく水晶体とともに、毛様体筋は加齢によって調節力が衰えます。近くを見るとき、近視の人はすでに近くにピントが合っているので、あらためて毛様体筋に力を加える必要がありません。

一方、視力の強い人、遠視の人は、毛様体筋を懸命に緊張させなければピントが合いません。そのため、遠視が強い人ほど、近くを見るときに目が疲れやすいのです。

近視が現代人のライフスタイルに合っている


20年ほど前、銀行の診療所に勤めていたときのことです。手元での作業が多い銀行員は、勤めはじめのころよりも視力が低下します。視力が低下すると彼らは一様に、「目が悪くなった」と嘆きます。しかし、興味深いのは「目が疲れにくくなった」ともいうのです。そうした経験から、近視というのは、置かれた環境に目が合うように順応した結果ではないかと思うようになります。都会で暮ら現代人は、毎日パソコンをはじめ近くの物を長時間見つづける生活を送っています。
近くの物にピントを合わせることが、現代人の視力に最も求められているのです。そんな生活環境に適応した目、それが近視ではないのでしょうか。

そして、身近な距離の中で自分が必要とする物を識別でき、疲れを感じずに心地よく見ることができる目が、ほんとうの意味での「よい目」ではないかと、私はとらえています。眼鏡やコンタクトレンズを利用している人は、試しにレンズの度数を落としてみてください。目の疲労感が減少するはずです。そこで、仕事のときは度数の低いものを、ドライブなど広い景色を楽しむときは高い度数のものをというように使い分ければ、目が疲れることが少なくなるはずです。

タグ:目の疲れ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
白内障の予防に黒豆の皮 ブログトップ