So-net無料ブログ作成
検索選択
発酵黒豆エキス ブログトップ

発酵黒豆エキスでコレステロール、中性脂肪値、肝機能が次々に改善 [発酵黒豆エキス]

懸案の血糖値も低下

以前から黒豆は健康にいいと昔から聞いていたので「発酵黒豆エキス」のことを知ったときには、迷いなく信頼していました。

実は、私は完全にメタボで、そのせいか血液検査の数値がことごとく高めでした。血圧は若いときから高かったので、もともと降圧剤を飲んでいましたが、最近は、糖尿病の薬と中性脂肪をおさえる薬も加わって、3種類の薬を飲むようになっていました。まずいなぁ~とは思っていました。

月に1回、病院で血液を調べてもらっています。ところが、なかなか数値が改善しないので、医師から「もっとやせてメタボを解消するように」と、いつも注意されていたのです。いわれた直後は、とりあえずやせるように心がけます。

しかし、けっきょくリバウンドして、また太ってしまうのです。というのも、なによりも食べることが大好きだからです。

私からすれば、「食に興味がない」という人がうらやましく感じられるほどでした。そんなメタボの改善に、少しでも効果があればと思い、発酵黒豆エキスを飲み始めたのです。これなら、食事を制限するわけではなく、ただ飲むだけなので、とても楽に続けられます。私の場合は、小さなコップで1杯、朝起きてすぐに飲むようにしました。すると、今まで全く改善しなかった血液検査の数値が、しだいに下がってきたのです。

血圧は、降圧剤で正常値まで下げているので、変化はありません。変わつたのは、血糖値です。発酵黒豆エキスを飲んだら、これまで全く下がらなかった血糖値が改善し、大変うれしくなりました。

そのほか、コレステロール値や中性脂肪値、GPTやGOPなどの肝機能倦も、わずかずつですが、よくなってきました。
うなると、ますます「発酵黒豆エキスを続けよう」という気持ちになります。そして、いずれ薬を飲まなくても済むようになつてくれれば…と期待感も高まります。

ところで、私の趣味は、バンドでギターを弾くことです。4人の仲間とバンドを組んでいて、年に3〜4回、ライブをしています。これからも、末永くバンド活動を楽しめるように、発酵黒豆エキスから元気をもらおうと思っています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

血圧が高く軽度の脳梗塞になるほどだったが発酵黒豆エキスで血圧が下がった [発酵黒豆エキス]

洋服のサイズも11号から9号にダウン

もともと私の家系は脳の病気にかかりやすく、父はクモ膜下出血で亡くなつています。そのため「私も、いつか脳梗塞になるのではないか」と不安を抱えて生活していました。

それが現実になてしまったのが、忘れもしない寒い冬の朝でした。破裂するのではないかと思うくらい、頭がガンガンと痛くなったので、病院へ行きました。すると、脳の血管に小さな詰まりが見つかり、軽い脳梗塞と診断されたのです。

このときは、軽い症状で済みましたが、「本格的な脳梗塞にならないように、なんとかしないと」と考えるうになりました。そこで、とりあえず始めたのが、運動です。肥満も脳梗塞につながると聞いたので、週に2回ぐらい水中を歩くようにし、ダイエットを開始しました。

ところが、思うようにはやせられませんでした。私はアルコール好きで、日本酒を毎日のように飲んでいたのがよくなかったのかもしれません。

そんなときに知ったのが、「発酵黒豆エキス」です。私は前から発酵食品が好きで、酒粕で粕汁を作ったり、米麹に魚を漬けたりして、よく食べていました。そのため、「発酵」という言葉を見つけたときに、「これはきっといいものだわ」と思い、試すことにしたのです。

発酵黒豆エキスは、まろやかで飲みやすい味でした朝、夕と欠かさずに飲むようにしました。

すると、飲用開始から数カ月後、体が軽くなり、顔がすっきりと細くなったことに気づいたのです。さらに、飲用開始から5ヶ月後には、あばら骨の辺りのぜい肉がとれて、確実に細くなっているのがわかりました。おかげで、11号だった洋服のサイズが9号に変わったのです

。ところで、発酵黒豆エキスを飲むようにしてからは、血圧も下がりました。私は、もともと高血圧だったので、そのせいで軽い脳梗塞になったのではないかと思っています。

いちばん高いときには、最大血圧が200mmHGもありました。それが最近では、基準値上限の130mmHGくらいで安定するようになったのです。

そういえば、前に比べて肌がピンと張り、ツヤが出てきたのも実感しています。発酵黒豆エキスは、美容にも効果があるようですので手放せません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

黒豆発酵エキスで高血圧が改善、何十年来の神経痛も同時に改善 [発酵黒豆エキス]

飛蚊症と低体温も改善

昨年、頭の表面が痛くなり、MRI検査を受けました。すると、左耳の後ろ辺り、クモ膜下の血管が詰まっていることがわかったのです。

思い出してみれば、そのころは、ろれつが回らなかったり、字がうまく書けなかったりなどの軽い症状が出ていました。「詰まってから5年はたっていますね。今までよく破裂しなかったものです」と医師からいわれたときは、背すじがぞくっととしました。

このように脳梗塞になったのは、高血圧が原因ではないかと思います。実は、私は10年ほど前から、全身に神経痛が出るようになり、その際の検査で高血圧だとわかりました。それ以降、神経痛の薬とともに、降圧剤を飲むようにしましたが、それでも最大血圧が170~180mmHGまで高くなることがあったのです。

「一度できたクモ膜下の血管の詰まりは、年齢的に手術で治せない」とのこと。そうなると、自分でできることは、血液をサラサラにするように努め、現状を維持することくらいです。

そんな私が頼りにしたのは、「発酵黒豆エキス」です。

脳梗塞だとわかった1年半くらい前から、これを飲んでいました。これを飲んでいたからこそ、軽い脳梗塞で済んだのだと思います。ますます発酵黒豆エキスをきちんと飲んでいこう!と思いました。

実際、これを毎晩、寝る前に飲む習慣をつけてからは、とても快調です。1ヶ月後くらいから、体がどんどん軽くなつていくのを実感できました。

半年後くらいからは、血圧も降下。現在は、130mmHG前後で安定しており、降圧剤を飲まずに済んでいます。ほかにも、いろいろな効果が現れました。

10年来悩み続けてた神経痛が軽くなり、飛蚊症のような目のトラブルも、いつの問にか解消していたのです。

ところで、私は以前から低体温で、平熱が35.3~35.6度しかありませんでした。それが、発酵黒豆エキスを常飲してからは、36.3度まで上がったのです。このことも、体調をよくしてくれているのでしょう。発酵黒豆エキスで体の悩みがいろいろと解消し、こんなにありがたいことはありません。出会えたことに感謝しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

発酵黒豆エキスは、薬に頼らずに高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満を撃退する [発酵黒豆エキス]

活性酸素を強力に取り除く黒豆ポリフェノール


ここ最近、本当によく耳にするようになった「生活習慣病」。発症や進行が、食生活や運動不足などふだんの生活習慣に起因している病気であることは、周知のとおりです。

生活習慣病の代表は「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」「肥満」の4つです。これらが重複すると命にかかわる危険が増すので「死の四重奏」ともいわれています。
厚生労働省によれば、日本人の3分の2近くが、生活習慣病が関係して亡くなっていると報告書をまとめています。

そんな生活習慣病に陥っているかどうかについて、判定が下されるのが、定期的な健康診断です。すべての数値が基準値内におさまっていれば安心ですが、それをかなり超えていたら、厳重に生活指導を受けたり、投薬を勧められたりします。

しかし、薬を飲んでも、血糖値や血圧の数値がなかなか下がらず、どんどん薬がふえていく人も少なくなくありません。
そこで、ぜひ試していただきたいのが、「発酵黒豆エキス」です。これを続けて飲むことで、健康診断の数値が改善した人が、続出しているのです。
発酵黒豆エキスはこちらです。

黒豆はむかしから体にいいといわれ、漢方では「黒豆衣」と呼ばれてさまざまな病気の治療に用いられてきました。近年では、複数の研究を通じ、多くの薬効成分を含んでいることが、科学的にも解明されています。どんな成分が含まれているのでしょう。

アントシアニン

黒豆の皮に豊富に含まれているポリフェノールという色素の一種で、体内で発生する過剰な活性酸素を強力に取り除く働きがあります。

現代人は、紫外線や大気汚染、農薬、添加物、喫煙、ストレスなどの影響で活性酸素が発生しやすくなっています。
それが酸化し、細胞や血管を傷つけることで、さまざまな病気が発症するのです。そこで、アントシアニンをとれば、活性酸素の酸化を防ぎ、傷ついた細胞が修復され、過剰な活性酸素を除去してくれます。

そして、傷んで弾力を失った毛細血管にしなやかさが戻り、高血圧や動脈硬化が改善します。活性酸素が除去されれば、膵臓の働きも活性化され、インスリン分泌機能も良好になります。これにより、高かった血糖値が下がり、糖尿病が快方に向かうからです。

中性脂肪をへらす作用もあります。2011年に開かれた日本食品科学工学会の学会で、「黒豆のポリフェノールには、肥満抑制や脂質代謝の改善作用、中性脂肪の抑制作用などがある」と発表されているのです。

カリウム

高血圧を助長する過剰な塩分を体外に排出する作用があり、高血圧の予防に役立ちます。
きくいももカリウムが豊富で血圧を下げる作用が強力だと最近話題です。

サポニン

コレステロールや中性脂肪をへらし、血流の向上に働きかける作用があります。

レシチン

コレステロールや中性脂肪を溶かし、細胞の新陳代謝を促進し、若々しい体を維持するために活躍します。

オリゴ糖

腸内の善玉菌をふやし、腸内の環境を整えて便通を改善。脂肪や糖分の吸収をおさえるように働きかけます。

イソフラボン

女性ホルモンの「エストロゲン」と同様の働きをします。女性は40代後半くらいからエストロゲンの分泌が減少し、ホルモンバランスが乱れて更年期障害や骨租髭症を発症しやすくなります。そうした更年期症状の軽減にも役立ちます。

発酵の過程でアミノ酸とクエン酸がくっつく

このように黒豆には、健康にいい成分がぎっしりと詰まっています。
ところが、体にいいとはわかっていても、黒豆の一般的な食べ方といえば、煮豆、豆ご飯、酢漬けくらいで、これを毎日とるのは簡単なことではないでしょう。
その点、「発酵黒豆エキス」なら、継続しやすいはずです。発酵黒豆エキスを誕生させたのは、黒豆の健康効果に着目しくまた、熊本県球磨都にある老舗の蔵元です。この蔵元では、健康のために手軽に飲める黒豆焼酎づくりに取り組んだところ、当初はなかなか麹菌による発酵が成功しませんでした。
黒豆は、米などと違って、でんぷん質よりもたんばく質が多いためです。それでも、試行錯誤の末に、ついに里豆エキスの抽出に成功。それが、アルコール分の入っていない健康飲料の発酵黒豆エキスとして、製品化されました。
このエキスを分析すると、単独の黒豆よりも、はるかに多くの有効成分が含まれていることが判明。さらには、発酵の過程で、アミノ酸とクエン酸も豊富に生成されていることがわかりました。

発酵であらたに生まれる成分、アミノ酸

発酵により黒豆のたんばく質が分解され、多くのアミノ酸が生成されます。その含有量は、一般の黒酢の2倍以上もあります。アミノ酸は、血管や内臓の新陳代謝に不可欠な成分。血流も促進され、体の代謝が高まり、メタボの改善に役立ちます。

クエン酸

クエン酸は全身の新陳代謝を活性化し、血行を促進する働きがあるため、高血圧の改善に役立ちます。
また新陳代謝が向上すれば、食事からとった糖や脂質を効率よくエネルギーに変換できるようになり、血糖値も下がります。
また、クエン酸は、インスリンの働きをおさえるアドレナリンというホルモンの分泌も調整するので、血糖値の安定につながるのです。そのほか、クエン酸の生理活性作用により、悪玉コレステロールや中性脂肪が代謝されるようになると、やせやすい体質に変わ叶ます。

発酵黒豆エキスは、黒豆の健康効果がよりパワーアップされています。そのため、健康診断で高かった血圧、血糖、コレステロール、中性脂肪などの数値が改善されるのです。

1日に飲む量

飲む量は、1日に50~100ccほどでじゅうぶんです。酢のようなツンとした独特のにおいもなく、まろやかで飲みやすい味なので、常飲することに苦はないでしょう。

無添加へのこだわりと国産品

原材料にもこだわっており、厳選した国産の黒豆と伝統の米麹菌、清流球磨川の地下水だけでじっくりと発酵させているので、安心です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
発酵黒豆エキス ブログトップ