So-net無料ブログ作成

美肌精油ジェルは幼児に効果絶大で9割が症状が驚くほどよくなる [美肌乳酸菌ジェル]

アトピー患者の肌は皮脂膜が薄い

美肌乳酸菌が「体の中から」アトピーを予防するのに対し、「体の外から」アトピーを改善するのが、美肌精油ジェルによるスキンケアです。

美肌精油ジェルはアトピーのスキンケアに欠かせない以下の3点を、同時に行うことができます(単品での使用も可能)。
  • 洗浄 皮脂膜を落としすぎずに洗浄すること
  • 水分補給と抗菌洗浄後の肌に水分補給をしながら同時に抗菌をすること
  • 保湿表皮の上に保湿クリームのバリアを張って、補給した水分を守ること


美肌精油ジェルを使ったところ、アトピーの子供さんは約89% に改善が見られました。なぜ、美肌精油ジェルを使うことでアトピーが改善するのでしょうか?

肌の表面には、皮脂膜と呼ばれる薄い油の膜があります。皮脂膜はいわば肌を守るバリアです。皮膚内にある水分の蒸発を防ぐほか、ダニや細菌といったアレルゲン( アレルギーを引き起こす物質) の侵入を防いでいます。ところがアトピーの症状がある場合、皮脂膜がとても薄くなっています。皮脂膜が薄いと皮膚内の水分が蒸発し、角質層の細胞間にすきまができます。この状態を「皮膚のバリア機能の崩壊」といいますその結果、ダニや細菌、花粉が簡単に皮膚の細胞内に侵入し、かゆみや炎症を引き起こすのです。美肌精油ジェルは、ボディソープでダニや細菌、花粉を洗浄した後、水分が失われた肌に整皮ジェルで水分補給をしながら同時に抗菌をします。

最後に塗る保湿クリームは、クリームの膜が皮脂膜の代わりとなってダニや細菌の侵入から肌を守り、
皮膚のバリア機能を回復させます。

美肌精油ジェルは中高年の乾燥肌にも

美肌精油ジェルは、アトピーの子供だけでなく、中高年の敏感肌・乾燥肌にも有効であることがわかっています。
多くの中高年を悩ませる敏感肌や乾燥肌の原因は、加齢に伴って加速する肌のうるおい(水分+油分) 不足です。アトピーの肌と同じように中高年の肌は皮脂の分泌カが低下し、皮脂膜が薄くなっています。

皮膚を守るバリアである皮脂膜が薄くなると、アトピーの肌同様、皮膚内の水分が蒸発して肌は乾燥します。加齢によってコラーゲンやセラミドといった肌のうるおいを保つ働きをする成分が減少していくことも、肌の乾燥を加速させます。肌の水分が失われ、皮膚のバリア機能が衰えた中高年の肌は、アトピーの肌と同じ状態といえるのです。

中高年のスキンケアは、アトピーの肌と同じように行います。美肌精油ジェルで肌に水分を補給し、保湿クリームの膜でバリアを張ることで、乾燥肌に悩む83% の高齢者に改善が見られました。

なかには、使用した翌日や数日後のうちに改善が見られた例も多数あるはどです。初夏は、皮膚のバリア機能が低下した中高年の肌が紫外線によって痛めつけられやすい季節です。
紫外線はその波長の長さから、UVA とUVBに分けられます。このうち、シミやシワ、たるみなど、肌の老化と大きくかかわっているのがUVA です。
波長が長いUVA は窓ガラスを透過し、部屋の中にいても浴びてしまうため、生活紫外線とーも呼ばれています。

UVA は波長が長いぶん、皮膚の深層にある真皮まで届き、シミやシワ、たるみなど、肌の老化の原因になます。
一方のUVB はレジャー紫外線とも呼ばれ、表皮を刺激して日焼けを招きます。皮膚ガンとの関連が指摘されているのもUVB です。
美肌精油ジェルの保湿クリームは、UVAを81% 、UVBは93% もカットします。夏は整皮ジェルが汗で落ちやすいため、ボディソープで洗浄した後、保湿クリームとともに: まめ′に塗るといいでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。