So-net無料ブログ作成

濃縮乳酸菌はガン治療の副作用を軽減し、白血球や腎臓、、肝臓の機能低下を防ぐ [濃縮乳酸菌]

濃縮乳酸菌は患者の体の状患に合わせて免疫物質の量を調整し治療効果を高める

ガンの3大療法は、手術・抗ガン剤治療・放射線治療です。

残念ながら、これらは万全な治療法ではありません。手術は体への負担が大きく、抗ガン剤治療や放射線治療は副作用を伴うからです。
このうちの抗ガン剤治療の副作用がつらい、と訴える患者さんが特に多くいらっしやいます。正常な細胞まで攻撃してしまう抗ガン剤の副作用は、全身に現れます。

主な副作用は、白血球の減少、食欲不振、吐きけ、脱毛、下痢、肝臓や腎臓の機能低下など、実にさまざまです。もちろん、抗ガン剤は、現在のガン治療に必要です。

医療現場では、いかに副作用を抑えながら治療効果を高められるかが重要課題となっています。患者さんを抗ガン剤の副作用から救い、治療効を高めているのが、「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」を1グラムあたり4兆個以上を含む濃縮乳酸菌です。

ある動物実験では、FK-23菌を食べさせたマウスに各種の抗ガン剤を与えて、副作用のようすを観察した結果、白血球の減少を抑え、肝臓や腎臓などの機能低下まで防げたと報告されています。

濃縮乳酸菌が腸管免疫の活動を高めて上目血球の数を増やしたり働きを活発にしたりするということです。

動物実験では、抗ガン剤により減少した白血球を増やすという「治療での実用性」が認められたのです。

それだけでなく、ガンを植えつけたマウスに抗ガン剤とFK-23菌を併用すると、抗ガン剤単独のときよりもガンが小さくなった、というデータも得られています。

さらに驚いたのは、肝臓や腎臓の保護にも役立つインターフェロンや免疫グロブリンA (IgA) という免疫物質の分泌量を、体の状態に合わせて調節していたことです。

つまり、濃縮乳酸菌をとると、抗ガン剤の働きを阻害することなく副作用は抑えて、さらに本来自分が持っている免疫力を最大限引き出し、ガン細胞を効率よくやっつけることができるというわけです。

抗ガン剤がもたらす食欲不振、吐きけ、下痢が速やかに改善しガンは3ヶ月で縮小


濃縮乳酸菌によって抗ガン剤治療の副作用から解放された患者さんたくさんいらっしゃいます。食欲不振、吐きけ、下痢といった症状に対しては即効性があることが確認できています。

ただし、いったん減少してしまった白血球が本来の数値に戻るまでには、早くて3週間、遅い場合で3ヶ月程度かかるのが一般的です。

ガンの縮小が見られるのも、そのころからです。私はこうしたことを踏まえ、抗ガン剤治療が始まる前から濃縮乳酸菌を飲んでもらうよう、おすすめしています。

治療の導入時から抗ガン剤の副作用を抑え、さらには速やかに効果を高めることができるからです。いまやちまたには、数々の健康食品があふれています。個々人に合った健康食品を適量飲んでいれば、効果が期待できることもあるでしょう。

とはいえ、自分に「何が」「どのくらい」”要なのかは、検査でわしく調べないとわかりません。健康食品は、やみくもに飲めばいいというものではないのです。極端な話ですが、健康食品で体調をくずした人もいるのも事実です。
「健康食品に求める条件」として、常に次の5つが重要項目です。
  1. 毒素を出す(便通をよくする)
  2. 老化(動脈硬化)を改善する
  3. 栄養状態をよくする
  4. 免疫を増強する
  5. 副作用がない

濃縮乳酸菌はこちら。
タグ:濃縮乳酸菌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。