So-net無料ブログ作成

やせたいなら食事制限より血糖値のコントロールが重要、野菜スープファーストでスレンダーに [ハーバード大学式野菜スープ]

糖→中性脂肪→脂肪細胞にため込まれる

野菜スープを飲むようになると、太っている人はほぼ例外なく、肥満を解消することができます。特に苦しい食事制限や激しい運動も不要です。

私自身も、野菜スープで肥満の解消ができました。十数年前は、体重が90kg近くありました。誰がどこから見ても立派な肥満体でした。

ところが、スープを飲むようになって自然に体重が減っていき、気が付いたら79kgになつていました。

運動も食事制限もせずに、10kg以上やせたのです。それ以来、体重はほとんど変わっていません。一緒にスープを飲んでいる私の妻も、5kgのダイエットに成功しました。

これまで、肥満は摂取カロリーと消費カロリーの差だといわれ、摂取カロリーを抑えるダイエットがほとんどでした。しかし、肥満で問題になるのは体脂肪で、カロリーより糖質のコントロールのほうが大事です。

余分な糖質が、脂肪になってたくわえられるからです。食事をすると、食品に含まれる糖質が消化吸収されて血液の中に入り、血糖値が上がります。

すると、膵臓からインスリンが分泌されて、一定以上の糖を細胞の中に取り込みます。これで血糖値は低くなりますが、糖が消えたわけではありません。一部はグリコーゲンとなって肝臓や筋肉に取り込まれ、残った糖は中性脂肪になり脂肪細胞に貯蔵されます。

しかし、肝臓や筋肉に蓄えられる糖やグリコーゲンの量には限りがありますから、血糖値が高くなればなるほど、脂肪細胞に脂肪がたくわえられていきます。その結果が、肥満です。

このように糖質は、インスリンによって脂肪に変わり、脂肪細胞にため込まれます。そのためインスリンは、別名「肥満ホルモン」と呼ばれています。

肥満を防ぐには、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐことが最も重要です。インスリンは糖の量に応じて分泌され、糖をせっせと脂肪細胞にため込みます。しかし、血糖値がゆるやかに上がれば、インスリンの分泌が少なくなり、脂肪細胞にため込まれる脂肪も少なくなります。

肥満と糖尿病を防ぐメカニズムはいっしょなのです。いかに、血糖値の上昇を抑えるか。そのために、野菜スープがとてもいいのです。

食事の際には、最初にスープを全部飲むのがポイント

今、ダイエットでは、野菜を先に食べる「ベジタブルファースト(ベジフアースト)」が注目されています。

食事の順番として、まず野菜を食べ、次におかず(肉や魚など) を食べ、最後に主食(ごはんやパン)を食べるのです。

このベジフアーストに、野菜スープがうってつけです。スープには、たっぷりの野菜が入っています。私は1日400gの野菜を取るように勧めていますが、400gの野菜を生で食べるのは、量が多過ぎて大変です。ほとんどの人が生で食べることは不可能です。

しかし、スープなら、それほど多い量ではありません。野菜スープを食事の最初に飲むと、それだけで、おなかがかなりふくれます。

しかも、野菜400gは188kcal(西洋カボチャで計算) と、非常に低カロリーです。

野菜スープは食物繊維が豊富で、後から取った糖質による血糖値の上昇をゆるやかにします。野菜スープ自体がGI値の低い(血糖値が上がりにくい)食品ですが、これを最初に飲むことによって、高GI食品であるごはんやパンを後から食べても、血糖値が上がりにくくなります。

つまり、高GI食品が、野菜スープで「低GI食品化」するのです。このように、野菜スープを食事の最初に飲むだけで、自然にダイエットできます。そのとき大事なことは、スープの汁を飲むだけでなく、具の野菜も全部食べることです。

野菜を食べることで、不溶性の食物繊維が取れますし、よくかんでゆっくり食べれば満腹感が高まり、血糖値も上がりにくくなります。

ただし、スープと野菜をいっしょに口に含むと、味がぼやけてあまりおいしくありませんから、スープを飲んでから野菜をつまむというように、別々に口に運ぶほうがおいしくいただけます。野菜スープダイエットは、食べる量を極端に減らすわけではないので、急激に体重が落ちることはありません。

しかし、少しずつ、確実に下がっていきます。しかも、リバウンドもありません。大事なことは、長く続けることです。そのためには、飽きないように味のバリエーションを工夫することも必要でしょう。スープに塩は加えませんが、こしょう、カレー粉、トウガラシなどのスパイスを加えるのはOKです。スパイスの辛味成分には、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を促す作用があるので、むしろやせやすくなります。

こういったもので味に変化をつけるなど、飽きずにおいしく食べる工夫をして、ぜひ長く続けていただきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。