So-net無料ブログ作成

野菜スープで15kg減量成功!血圧、ヘモグロビンA1Cもさがり良好 [ハーバード大学式野菜スープ]

野菜スープはおいしくて飽きない

私は以前から血圧や血糖値が高く、近所の病院に通院し、定期的に検査を行っていました。

血圧は、降圧剤を3種類飲んでいて安定していましたが、いちばん高いときは、最大血圧が175mmHg、最小血圧が103mmHGもありました。このときは、時々、頭痛がしたり肩こりがしたりで鎮痛剤が欠かせませんでした。

血糖値は、薬を飲んでいてもヘモグロビンA1Cは6.5%からなかなか下がらず、尿酸値も7.9mg/dlと高めでした。

特段の自覚症状はありませんでしたが、さしあたって困っていたのは肥満です。体重の負担が足にかかり、ちょっと歩くと足が痛くなったり、ズボンに足がすれて真っ赤になったりしていました。

私は血小板が少ないので、内出血しやすいのです。

当時、体重が105kgあった私に、「野菜スープで、86kgを目標に、体重を落としていきましょう」。と言っていただきました。

私は昨年の10月から、野菜スープを飲み始めました。

スープは、キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャを水で煮るというものです。初めはレシピどおりに作っていましたが、カボチャは糖質が多い上に、スープがすぐに濁ってしまうので、入れるのを止めました。

その代わりに何を入れようかと試行錯誤した結果、3ヶ月ほど前に、今の作り方に落ち着きました。カボチャの代わりにセロリ2本、ダイコン4分の1本、チンゲンサイ1株、ブロッコリー1株、ネギ1本を加え、2リットルの水で45分煮ます。これが、私と妻の2日分のスープです。

私は、朝昼兼用の昼食と夕食の2回、スープを飲みます。食事の最初に、まずスープだけをカップに2杯飲んだ後、中の野菜を小皿に2杯食べます。
野菜にはアマニ油、アゴだし(トビウオのダシ)、ポン酢、ゴマ油、ゴマをふりかけます。スープも野菜も本当においしく、毎日食べても飽きません。スープと野菜で、おなかはかなりふくれます。夕食はこれに肉、チーズ、卵などをたっぷり食べて、主食は食べません。

これなら糖尿病の薬も減らしてやめることも出来るかもしれません


こうして野菜スープを飲み始めてから、体重はどんどん減っていきました。目標の86kgを超えて、85kgになったのは、4ヶ月を過ぎた頃でした。

体重はその後も維持していますが、たまに好きなめん類を食べたりすると、増えることがあります。その場合も、スープの食事に戻せば、すぐに減ります。おなか周りも細くなり、ジーンズは全部買い替えました。

いちばん変化が大きかったのは、胸周りです。以前は120cm以上あって、3Lか4L の服しか着られませんでしたが、今は、Lサイズが余裕で入ります。

血圧の薬もだいぶ減りました。スープを飲み始めて半年後に1種類、その3ヶ月後にもう1種類減って、現在は弱い降圧剤を1つ飲んでいるだけです。

血圧も、120/73mmHGで安定しています。血糖値の薬は変わりませんが、スープを飲み始めた翌月には、ヘモグロビンA1C5.9%に下がり、その後はずっと5%台をキープしています。尿酸値も6.0mg/dlになりました。

先生から「そろそろ糖尿病の薬も止めましょうか」と言われています。また、足の症状も出なくなったので、今は毎日平均して12000歩ほど歩いています。私は生野菜が大きらいでしたが、スープのおかげで、野菜をしっかり取れるようになりました。体調も、ずっとよい状態が続いています。
野菜スープのおかげです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。