So-net無料ブログ作成

メニエール病のめまいを撃退、耳鳴りや難聴にも効く「耳たぶさすり」と大自然の恵「蜂の子」で周囲の音がクリアに! [耳鳴り]

上下にさするだけで耳全体の機能が高まる!

昨今、耳鳴りや難聴の症状にお悩みのかたが多くなっています。

連日、耳の不調を抱えた多くの患者さんが来院されますが、その大半が病院で診てもらったものの改善しなかったかたがたです。私の治療院では、反応点治療を用いた方法を実践し、病院やほかの治療院でよくならなかった人たちの症状に対しても大きな成果を上げています。反応点といっても、皆さんご存じないかと思います。

これは、私の師である反応点治療研究会の河村先生が確立した概念であり、治療法です。反応点治療の考え方によると、血管や臓器、筋肉といった体のあらゆる器官は、自律神経を介して皮膚に情報が現れるとされています。

自律神経とは、私たちの生命活動の根幹を担っている中枢的な神経です。例えば、あなたが消化不良でお困りで、胃腸の働きが悪くなっているとしましょう。

すると、胃腸の状態が自律神経を介して、胃と腸に適応した皮膚上に反応として現れますっそこだけ皮膚の弾力が低下し、触れると指が皮膚に吸い込まれるようになるのです。これが、反応点です。反応点とは、東漣什医学の一般的なツボとは異なり、自律神経の働きによって生じる生理的な反応といえます。

耳鳴りやめまいなどの多くは、耳の内部にある組織の不調が根本的な原因です。耳の周辺部に点在しています。耳たぶと呼ばれる場所のつけ根な辺りに、内耳点、中耳点、外じ耳点があります。

内耳、中耳、外耳とは、それぞれ耳の組織の名称です。反応点は、刺激を加えることで、適応する器官の働きを高めることができます。つまり、内耳点、中耳点、外耳点を刺激すれば、耳全体の機能が高まり、耳鳴りやめまいといった症状の改善につながるのです。

その方法として、最も簡単で高い効果を上げているのが、「耳たぶさすり」です。人差し指と中指で耳たぶのつけ根辺りを軽くはさんで、上下にさするだけ。誰でもどこでも行える、とても簡単なセルフケア法です。

2週間のハワイ旅行にも行けた

耳たぶさすりは、あまり力を入れ過ぎないようにしてください。軽く触れる程度の力で、20秒ほど上下にさすりましょう。

これを1日に数回行うことで、内耳、中耳、外耳それぞれの働きが高まり、耳鳴りやめまいの改善が期待できます。もし、片方の耳にしか症状がなかったとしても、必ず両耳を同時に刺激しましょう。
  1. 両手の人差し指と中指で左右、両方の耳たぶの付け根あたりを軽くはさむ
  2. 軽く触れる程度の力で20秒ほど上下にさする。これを毎日数回行う。

大自然の恵「蜂の子」で周囲の音がクリアに!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。