So-net無料ブログ作成

温熱刺激で脳疲労を一掃し耳鳴り、めまいを解消する「脳幹マッサージ」 [耳鳴り]

脳の根幹の機能低下が耳鳴り・めまいの原因

脳幹という場所をご存じでしょうか。脳幹とは文字どおり脳の根幹をなすで、視床、視床下部、中脳、橋、延髄の総称のことです。自律神経系、免疫系、内分泌系、脊髄・筋肉系の働きをつかさどっており、いわば私たちの生命活動の根幹を担っているといえます。

私は、生活習慣病をはじめとする体の不調の多くが、この脳幹の機能低下が原因だと考えています。それは、耳鳴りやめまいといった症状も例外ではありません。耳鳴りやめまいは、原因がわからないことが少なくなく、皆さんのなかにも病院で診てもらってもよくならず、お困りのかたがいらっしやるでしょう。もしかしたらその症状も、脳幹に原因があるかもしれません。脳幹の機能低下には、主に次の2つの要因が考えられます。
  1. 頸椎のゆがみによる脳幹の圧迫
  2. 慢性的なストレスによる大脳の過剰興奮
頚椎とは首に位置する背骨で、上から順に、第1頚椎、第2頚椎…と呼びます。脳幹は脳の最下層に位置しますが、その下端は後頭骨(頭蓋骨の後ろ下部にある骨)と第1頚椎、第2頚椎の問にあります。
そのため、筋肉の過緊張や、姿勢の悪化、加齢などによって頚椎にゆがみが生じると、脳幹の下端が圧迫されてしまいます。そして、脳幹全体の血流が滞り、機能低下を招くのです。

頸椎のゆがみが治り副交感神経が優位に!

脳幹の機能低下を引き起こすもう1つの要因は、慢性的なストレスです。私たちの体はストレスを感じると、大脳が興奮した状態になります。すると、それが脳幹へと伝わり、体に戦闘態勢をとるように指令を出します。

このときに影響を受けるのが、自律神経です。自律神経とは、臓器や血管など体のあらゆる器官を調整している中枢的な神経のことで、交感神経と副交感神経から成り立ちます。交感神経は活動時に優位になり、一方の副交感神経は休息時に優位になります。両者がバランスよく保たれることによって、私たちの健康状態は維持されますが、過剰なストレスは交感神経ばかりを優位にさせます。

すると、体は常に緊張した状態を強いられ、脳幹が疲弊してしまうのです。原因不明の耳鳴りやめまいの治療には、頚椎のゆがみと自律神経の乱れを直すことこそ重要です。

そうすれば、脳幹の機能は回復し、症状も徐々に快方へと向かっていくでしょう。その方法として私が患者さんに勧めているのが、「脳幹マッサージ」です。自宅で簡単に行えるセルフケア法で、これまで数々の高い効果を上げてきました。

準備する物は、ホット飲料用のペットボトルです。ふたがオレンジ色の280mlか300mlの物を用意してください。その中に50度前後のお湯を注ぎ、しっかりとふたを閉めます。これを、脳幹が位置する場所に押し当てて刺激します。後頭部の生え際から耳の後ろにかけてが、脳幹が位置する場所=脳幹ゾーンです。

まず、後頭部の生え際の下に3秒かけてゆっくり押し当てたら、そのまま3秒問キープし、5秒かけてゆっくり力を抜いていきます。次に、ペットボトルを右耳の後ろに移動して、同じように刺激しましょう。さらに、左耳の後ろに移動して、同じように刺激します。

これを3分ほどくり返してください。お湯の温度は50度が目安ですが、それ以上でも以下でもかまいません。自分がいちばん心地よいと感じる温度にしましょう。ただし、ヤケドにはくれぐれもご注意ください。首の後ろを温めることで、筋肉の緊張が緩んで、筋肉に引っ張られてゆがんでいた頚椎が正しい位置に戻ります。加えて、首を温めながら刺激を加えることで、慢性的な興奮状態にある大脳が休まり、副交感神経が優位になります。

免疫力アップに温熱療法の使用感、口コミ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。