So-net無料ブログ作成

濃縮乳酸菌「プロテサン S」で免疫力がアップ [濃縮乳酸菌]

濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は抗ガン作用が実証されている


濃縮乳酸菌には、加熱処理されたFK-23菌という乳酸菌が1包あたり4兆個も含まれます。

FK-23菌は、数多く存在する乳酸菌の中でも強力な免疫力アップ効果があり、加熱処理で3倍以上にも効果が高まります。

加熱処理されたFK-23菌を4兆個も含む「濃縮乳酸菌」は乳酸菌の『質』と『量』が圧倒的に優れています。

濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は北海道大学や岡山大学、帝京大学医学部などの研究によってその効能が確認されています。
がん縮小作用
1年間に4~5万人も患者数が増加している乳がんは、女性のがん患者数の第1位です。乳がんの多くは40~50代の比較的若い世代に発症し、脳や肺などに転移しやすい特徴がります。マウスに乳がん細胞を植えつけて実験を行ったところ、FK-23菌を投与したマウスは普通のエサだけを与えたマウスに比べて乳がんが顕著に縮小しました。
抗ガン剤の副作用が縮小
数多くのがんに対して有効性が認められているシスプラチンは、抗がん剤治療の中心的な役割を果たしている医薬品です。抗がん剤はがんを縮小させる働きがある一方で、食欲不振や倦怠感、吐き気、嘔吐、脱毛などの副作用を招きます。特にシスプラチンの場合、腎機能障害を招くことが確認されています。
白血球増加
がんに対抗するには白血球の数を増やして免疫力を維持・強化することが欠かせません。シスプラチンやエトポシドなどの抗がん剤の副作用によって、白血球が減少することは少なくありません。白血球の数が基準値よりも大幅に減少すると、抗がん剤治療に患者さんの体が耐えられず、治療を延期・中止する場合もあります。
このように、FK-23菌は多くの大学の研究によって、がんに対する働きが確かめられています。
患者さんのレビューは、濃縮乳酸菌はがんが消え、抗ガン剤の副作用も最小限にで紹介されています。


タグ:濃縮乳酸菌
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。